まとめ/解説

NTTドコモの5G/4G対応周波数帯(バンド)まとめ・解説

NTTドコモの5G/4G(LTE)対応周波数帯(バンド)のまとめと解説。SIMフリーPC購入時には要チェック。

 

5G/4G(LTE)とは?

ここではSIMフリーPCを利用する上で大切な、データ通信のための通信規格や対応周波数について解説します。

NTTドコモにおいて、現在主にモバイルデータ通信を行うために用いられてる通信規格には「5G」「4G(LTE)」の2種類が存在します。

「5G」は最新の通信規格。現在利用範囲が広がりつつあり、高速で大容量、低遅延、多数同時接続の通信が可能になります。段々とSIMフリーPCにも導入され始めています。

「4G(LTE)」は今現在最も一般的な通信規格。LTEと4Gはほぼ同義で、SIMフリーPCを購入する上では快適な通信環境を得るためにも4G(LTE)の周波数帯をチェックすることは重要です。

4G(LTE)は更に2種類にわかれ、Band 1~32をFDD-LTE、Band 34~44をTD-LTEと呼びますが、日本においては主にFDD-LTEが用いられています。

ドコモ系MVNO(格安SIM)はNTTドコモ回線を利用しているので、周波数帯は同じものを使います。

ドコモ回線を利用したMVNO(格安SIM)は、主要なものだと楽天モバイル、BIGLOBEモバイル(タイプD)、DMM mobile、LINEモバイル、OCNモバイルONE、IIJmio、mineo(Dプラン)など。

自分の住んでいる地域の対応状況は?という人は公式サイトでサービスエリアが確認できます。→サービスエリア | エリア | NTTドコモ

 

ここからは各通信規格の対応している周波数帯について解説していきます。

周波数とは、数値が低いほど障害物に強く広いエリアで使われます。数値が高いほど障害物に弱く特定のエリアにしか対応していませんが、その分対応していれば高速な通信が可能となります。

NTTドコモの5G対応周波数帯(バンド)一覧・解説

周波数帯周波数備考
Sub-6
n77(n78)3.6~3.7GHz国際的に主要となる周波数帯
n78はn77に内包される
n794.5~4.6GHzドコモだけ対応している周波数帯
ミリ波n25727.4~27.8GHz5Gの真価を発揮する周波数帯
対応エリアは希少

5Gの周波数帯は主に、Sub-6とミリ波に分類されます。NTTドコモでは、Sub-6としてn77(n78)、n79、ミリ波としてn257が割り当てられています。

基本的な5G通信にはSub-6が対応し、更に高速な通信を行うにはSub-6に加えてミリ波に対応していなければいけません。

しかし、5Gに対応している地域が必ずしもミリ波に対応しているというわけでもないので注意してください。

サービスエリア表示には主要地点などに「ミリ波対応」と記載されていますが、細かく自分の住んでいるところがミリ波にも対応しているかは現時点ではわからないようですね。

2020年9月末時点では164箇所でミリ波が対応しているようです。

報道発表資料 : (お知らせ)「ミリ波」を利用した5Gサービスの提供を開始 | お知らせ | NTTドコモ

5G | 通信・エリア | NTTドコモ

n77, n78(3.3~3.8GHz)

端末スペックに
記載されている対応周波数
ドコモ回線で
利用の可否
ソフトバンク回線などで
利用の可否
n77n78
利用できる利用できる
利用できる利用できる
利用できる利用できない
利用できない利用できない

Sub-6と呼ばれ、5Gの主要周波数帯です。n78は国際的に整備が進められています。

n78はn77に内包されているので、端末にn78対応の記載がなくともn77に対応しているのなら、n78にも対応しているということになります。

n78にも対応しているドコモでは、端末がn78対応n77非対応の場合でもちゃんと利用することができます。

(逆にn77対応、n78には非対応のソフトバンクや楽天モバイルでは、n78対応n77非対応の端末を利用できません。)

n79(4.5~4.6GHz)

Sub-6と呼ばれる周波数帯です。

大手キャリアの中ではドコモだけ対応しています。

n257(27.4~27.8GHz)

ミリ波と呼ばれる周波数帯です。

5Gが最終的に目指している「高速で大容量」「低遅延」「多数同時接続」を可能にするために必要な周波数帯です。

高周波数なため障害物に非常に弱く、今まで利用されませんでしたが、快適な通信環境を得るために利用されることなりました。

障害物に弱いということは広い地域でまんべんなく対応させることは難しいため、都心部などの主要地点を中心に対応されるでしょう。

基本となる5G(n77)がまだまだ広まっていない以上、ミリ波は広まるのに更に時間を要することでしょう。

NTTドコモの4G/LTE対応周波数帯(バンド)一覧・解説

Band周波数備考
12.1GHz主要周波数帯で全国広く対応
31.8GHz東京・名古屋・大阪メイン
19800MHz郊外や山間部用のプラチナバンド
211.5GHz地方都市メインのエリア補助的バンド
28700MHzごく一部の地域で運用中のプラチナバンド
423.5GHz「PREMIUM 4G」と呼ばれる高速通信周波数帯

これらの周波数帯の中で最も重視すべきものは、Band 1/3/19になります。21もカバーしていたらなおよし、という感じ。Band 1/3/19/21をまとめて「クアッドバンド」といい、これらに対応しているものが増えています。

以下、各周波数帯を簡単に解説します。

Band 1(2.1GHz)

NTTドコモの主要周波数帯です。全国エリアで広く展開している基本的なバンド。

おそらく対応していないSIMフリーPCはないと思います。

Band 3(1.8GHz)

東京・名古屋・大阪を中心に運用されているバンド。この地域に住んでいる方々は必須です。

対応周波数の中では下り最高速度が約150Mbpsと最も速い。

これから運用エリアが広がるかもしれないので、住んでなくても対応していて損なし。旅行とかする場合もありますしね。

Band 19(800MHz)

プラチナバンドと呼ばれている周波数帯。郊外や山間部を中心に展開しています。

速度的には早いわけではないですが、周波数が低いので、建物内や山間部などで電波が回り込んで拾いやすくなります。

都市部から離れた場所でも快適に通信。もちろん、都市部に住んでいるからといっていらないというわけではないです。

Band 21(1.5GHz)

地方都市をメインとした周波数帯。この周波数帯に対応していないものは多いかもしれません。

Band 3が東京・名古屋・大阪の速度対策用なのに対して、Band 21は地方都市の速度対策用という感じです。

あくまで速度対策用なので、対応していない端末が多いのも含め、あまり気にしなくても大丈夫です。地方都市でも快適に通信ができる!という意味では対応していたらなおよし。

Band 28(700MHz)

日本国内でごく一部の地域しか運用されていない周波数帯です。周波数帯が低く、こちらもプラチナバンド。

Band 42(3.5GHz)

ドコモでは「PREMIUM 4G」と呼ばれている周波数帯です。LTEのその先、LTE-Advancedと言われており、ドコモのスマートフォンなどでは「4G+」「LTE+」と表記されているもの。

各地で運用されており、2020年3月からは受信時最大1.7Gbpsを提供中。

【おまけ】3G(W-CDMA)対応周波数帯まとめ

地域や環境によっては必要な方もいる可能性があるので一応記載します。

Band周波数備考
12.0GHz主要周波数帯
6/19800MHzFOMAプラスエリアの主要周波数帯

現時点で使われている周波数帯はBand 1/6/19の3つになります。

Band 1はFOMAの主要周波数帯で、ほぼ対応しています。

Band 6はFOMAプラスエリアと呼ばれ、Band 1の周波数帯が届きにくい山間部や他都市部などを補完する役割があります。Band 19はBand 6を内包していることが多いですが、そうではないときもあるので確認する必要があります。山間部などに行くことが多い人は未だに必要かもしれません。

データ通信を行えるノートパソコン(SIMフリーPC)がおすすめ

当サイトでは、SIMスロットを載せ、外などでスマートフォンのようにデータ通信を行えるSIMフリーのノートパソコンを紹介しています。

外での作業が多い場合など、快適なネット環境を得ることができ非常に便利です。

以下の記事で紹介、説明しているのでよろしければご覧ください。

端末を購入する際は自分の住んでいる地域、これから住むかもしれない地域、旅行、などなどを考えてきちんと対応周波数帯を確認しましょう。

【2月3日まで】IIjmioが半年間400円割引、初期費用1円

大容量オプション月額料金
20GB3100円
30GB5000円
50GB(20GB+30GB)8100円
データ通信専用SIM
月額料金
大容量オプション
+20GB
大容量オプション
+30GB
組み合わせ
+50GB(20GB+30GB)
ミニマムスタートプラン
(3GB)
900円
→500円
計23GB4000円
→3500円
計33GB5900円
→5400円
計53GB9000円
→8600円
ライトスタートプラン
(6GB)
1520円
→1120円
計26GB4620円
→4220円
計36GB6520円
→6120円
計56GB9620円
→9220円
ファミリーシェアプラン
(12GB)
2560円
→2160円
計32GB5660円
→5260円
計42GB7560円
→7160円
計62GB1万660円
→1万260円

IIJmioのデータ通信専用SIMは、ドコモ回線と、au回線のみ。

通常料金だと最大12GBですが、大容量オプションを追加、もしくは組み合わせることで20GB/30GB/50GBを増やすことができます。単体での利用はできません。必ず通常料金+オプション料金になります。

2021年2月3日までの期間中は、IIJmioのデータSIMの対象プランが6ヶ月間400円割引されるキャンペーンが実施中です。

また、初期費用3000円が1円になるキャンペーンも実施中です。

音声通話SIMであればさらに700円割引され、6ヶ月間はデータSIMと月額料金が変わりません。

音声SIMファミリーシェアプランを契約した場合、2枚目と3枚目のSIMの月額料金が6ヶ月間無料になるキャンペーンも実施しています。

割引キャンペーン、初期費用1円キャンペーンの詳細については以下の記事でまとめています。

IIJmio公式サイトはこちら

IIJmioの詳細はこちらから

ボタンを押すとIIJmioタイアップキャンペーンページへ移動します

  「NTTドコモの5G/4G対応周波数帯(バンド)まとめ・解説」をSNSでシェア

© 2021 SIMフリーPC.net