まとめ/解説

5G/4G(LTE)対応SIMフリーノートPC・格安SIMの選び方

5G/4G(LTE)対応のSIMフリーノートパソコンと格安SIMの選び方、SIMフリーPCを購入すべき人やメリットについて解説します。

 

SIMフリーPCとは?

最近、格安SIMが流行って広まったことで各社が売り出すようになってきたのが、SIMスロットを搭載しており、SIMを挿入することで5G/4G(LTE)通信をすることができるSIMフリーPCです。簡単に言えばスマホがノートパソコンになった、という感じ。

普通、ノートパソコンといえば無線もしくは有線でネットと接続し、主に社内や家で使うことが多いかと思われます。

外に持ち運んでネットで調べる、見るという行為はスマホですることが多いと思いますが、如何せんスマホだと画面が小さ過ぎます。またたくさんの文字入力を行うときなどはスマホやタブレットも向いてません。

じゃあスマホのように持ち運んで外でもすぐにネット環境に接続できるノートパソコンがあれば便利じゃないか。それがSIMフリーPCの利用価値です。

5G/4G(LTE)対応のSIMフリーPCを選ぶべき人

SIMフリーPCを選ぶべき人

  • 頻繁に外で作業することが多い人
  • 荷物を少しでも減らしたい人
  • ネット接続までの手間を減らしたい人

外でノートパソコンを使うというと、フリーWi-Fiを利用したり、モバイルルーターを持ち運んだり、スマホなどのテザリングを利用することで外でもネットに接続することができます。

フリーWi-Fiですとやけに速度が遅かったり、接続が不安定だったり、場所によってはないこともあります。格安SIMでも時間によっては不安定なときもありますけどね。また、5G/4G(LTE)のほうがセキュリティ不足なフリーWi-Fiよりよっぽど安全です。

モバイルルーターは複数端末を利用するのに便利ですが、その分荷物も増えますし、モバイルルーター自体の充電も必要になります。

テザリングは使おうとおもったらいちいちテザリングをONにして・・・という手間が増えます。こちらも設定していれば一瞬ではありますけどね。ですがテザリングされる側のSIMは大容量でなきゃいけません。

外でノートパソコンを使う頻度が月1回だとかそのくらいの人や、別にこれらの手間が苦でもない人は、SIMフリーPCを購入する意味はあまりないかと思います。手間が増える代わりにお金の節約にはなりますからね。

SIMフリーPCのメリット・デメリット

ココがメリット

  • 荷物が少なくなる
  • すぐに接続できる
  • 充電すべきものが減る

選ぶべき人と若干被りますが、SIMフリーPCを選ぶメリットは以上の通り。

モバイルルーターを持たなくていいので荷物が減ります。重さも減ります。モバイルルーターは大体がスマホ1台分ほどの重さなので、スマホを1台持つのが減ると考えると人によっては負担が減ります。SIMフリーPCならば、パソコン1台のみの持ち運びで利用可能です。

また、テザリングやモバイルルーターは使用時にON、終了時にOFFと厄介です。接続にも時間がかかります。SIMフリーPCは開いたらすぐに接続し、利用可能。

そして何より充電しなければいけないものが減ることです。テザリングのスマホや、モバイルルーターのバッテリーがなくなってしまっては、いくらパソコン側のバッテリーがあろうとネットを利用することができなくなります。

そのため、どちらの充電も気にしなければいけないことになります。テザリングやモバイルルーターの電源を切り忘れると充電が無駄に減ることにもなります。

ココがデメリット

  • 5G/4G(LTE)モデルは少し高くなる
  • 選べるPCが少ない

逆にデメリットですが、5G/4G(LTE)モデルはオプションで5G/4G(LTE)モジュールを選択しなければいけない商品が多いです。

もちろんそれは無料ではなく、プラス数万かかります。といってもモバイルルーター1つ買うのとそう変わらない気もしますが。

また、現在どんどん増えてきてはいますが、5G/4G(LTE)に対応しているSIMフリーのノートパソコンを発売しているメーカーはまだまだ少ないことです。

スペックや重さ、価格から選ぶ人は選べるパソコンの幅が狭まることになります。

様々なスペック・価格のSIMフリーノートパソコンを発売している代表的なものとしてThinkPadやLet's noteなどです。

SIMフリーPCの選び方

SIMフリーPCの選び方、といってもまだまだ数が少ないため、自分の求めているスペックに合うやつがぴったりあるというのは難しいかもしれません。

ただ、SIMフリーPCをわざわざ選ぶということは会社内や外で持ち運ぶことが多いと想定した上で、以下の観点から自分がどれを求めているのか考えましょう。

1.  大きさ・重さで選ぶ

まず大きさ。ノートパソコンだけ別でケースやかばんを用意して持ち運ぶ場合ならよいですが、普段使うかばんの中に入れて持ち運ぶという方は、サイズが重要です。

  • A4サイズ : 横210mm×縦297mm
  • B4サイズ : 横257mm×縦364mm

次に重さ。あまりに重いと肩が痛くなったり、腕が痛くなったりと、長時間持ち運ぶことがあるなら重さは重要です。

軽量ノートパソコンはどんどん発売されていて、1kgを切っていたら非常に軽量です。持ち運ぶのならばせめて1.5kgくらいまで、2kgは重すぎるでしょう。

2.  バッテリー持ちで選ぶ

外出先でコンセントなどが備わっているカフェなどならよいですが、備わってない場所で長時間作業をする場合はバッテリー持ちが重要になってきます。

多くのメーカーでスペックとして記載されているバッテリー駆動時間はあくまで参考として見るといいでしょう。

個々の使用状況もあるため、必ずその時間ノートパソコンが持つというわけではありません。

また、短時間しか充電できない場合などに、高速充電の機能が搭載されていると便利でしょう。

パナソニックのレッツノートシリーズでは、着脱式バッテリーを採用して手軽に交換ができる機種も販売されています。新品のバッテリーと交換してくれるオプションサービスもあります。

3.  頑丈・丈夫さで選ぶ

床に落としてしまったときや、なにか重いものを上に落としてしまう、踏んでしまう、など可能性によってはノートパソコンに様々な衝撃が与えられる場合があります。

ノートパソコン本体だけでなく、キーボードへの負荷、ノートパソコンの開閉に欠かせないヒンジへの負荷の丈夫さも重要です。

メーカーでは、独自の審査基準でノートパソコンに負担や衝撃を与えて耐久試験を行っていることが多いです。

頑丈なSIMフリーPCについては別ページでまとめているのでよければご覧ください。

4.  セキュリティ面で選ぶ

指紋認証や顔認証など、うっかりパソコンを置き忘れてしまった場合などに重要です。

最近のノートパソコンには大体指紋センサーが搭載されていますし、Windows Helloに対応したWebカメラを搭載していれば、顔認証にも対応することができます。

外出先で仕事をしたい場合、カフェや電車などでは周りの視線が気になってしまうこともあるかと思います。

そういう場合には、ThinkPadには「ThinkPad Privacy Alert」、HPには「HP Sure View」という覗き見防止ディスプレイを搭載できる機種が販売されています。

しかし、そもそも他人から見られるような場所で書類を作るなどはしないようにしましょう。

絞り込んで探す

数が少ないため、当てはまるものが非常に少なくなってはしまいますが、絞り込み検索も用意したのでよければご利用ください。

SIMフリーPCを絞り込みます。 購入する際のカスタマイズによっては選択できなくなる構成もあります。

povo(au回線)

トッピング料金
データ使い放題(24時間)330円/回
データ追加1GB(7日間)390円/回
データ追加3GB(30日間)990円/回
データ追加20GB(30日間)2700円/回
データ追加60GB(90日間)6490円/回
データ追加150GB(180日間)1万2980円/回

povoはKDDI(au)が運営する低価格帯の通信サービスです。

povoは基本料金0円から始まり、自分で好きなようにオプションを追加(トッピング)していくスタイルとなっています。

毎日平均的にこのくらい利用しているからこれくらい、日によって全く異なるから24時間のデータ使い放題、などの利用スタイルに合わせて選ぶことができます。

通信速度も格安SIMと比べて安定しています。テザリングも可能です。eSIMも提供されています。

povo公式サイトはこちら

povoの詳細はこちらから

ボタンを押すとpovoへ移動します

LINEMO(ソフトバンク回線)

データ容量月額料金
3GB990円
20GB2728円

LINEMOはソフトバンクが運営する低価格帯の通信サービスです。

2プランあり、3GBの低容量プランと20GBのプランがあります。大容量プランに関しては、他の格安SIMと同じデータ容量で比べた場合とても安いです。(IIJmio除く)

足りなくなった場合は1GB 550円で追加可能です。

通信速度も格安SIMと比べて安定しています。テザリングも可能です。eSIMも提供されています。

LINEMO公式サイトはこちら

LINEMOの詳細はこちらから

ボタンを押すとLINEMOへ移動します

楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT VII)

データ利用量 
3GBまで1078円
20GBまで2178円
無制限 楽天回線エリア外は最大 1Mbpsで使い放題3278円

楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT VII」では、楽天回線エリアであれば、高速でデータ無制限使い放題。パートナー回線エリアだと最大1Mbpsで使い放題のプランがあります。

自分の住んでいる地域が楽天回線エリアか、パートナー回線エリアかは以下のページで調べることができます。

通信・エリア | 楽天モバイル

楽天モバイルの詳細はこちら

IIJmio(ドコモ回線)

ギガプラン
(定額制)
データ通信専用SIM
月額料金(税込)
eSIM
月額料金(税込)
2ギガプラン748円440円
4ギガプラン968円660円
8ギガプラン1408円1100円
15ギガプラン1738円1430円
20ギガプラン1958円1650円
eSIM(データプランゼロ)
(従量制)
月額料金月165円
追加データ量 1GB330円
追加データ量 2GB〜10GB495円

IIJmioのデータ通信専用SIMとeSIM(データプランゼロ)は、ドコモ回線のみです。

2021年4月より新料金プランとなり、他の格安SIMと比べても格段と安くなりました。

eSIM(データプランゼロ)のプランは、容量ごとのプランではなく容量追加でのプランとなります。

IIJmio公式サイトはこちら

IIJmioの詳細はこちらから

ボタンを押すとIIJmioへ移動します

OCNモバイルONE(ドコモ回線)

データ通信専用SIMカード月額料金(税込)
3GB/月コース748円
6GB/月コース1298円
10GB/月コース2288円
20GB/月コース3960円
30GB/月コース5698円

OCNモバイルONEは最大30GBのプランが契約可能です。初月無料。回線はNTTドコモ回線のみとなります。

OCNの光回線を同時契約していると、「OCN光モバイル割」が適用され月税込220円割引されます。

容量追加オプションもあり、使い切って通信制限がかかってしまった場合に専用アプリからなら税込550円で1GB、その他だと税込550円で0.5GBが追加できます。

OCNモバイルONE公式サイトはこちら

OCNモバイルONEの詳細はこちらから

ボタンを押すとOCNモバイルONE公式サイトへ移動します

SIMフリーPC・SIMを購入しよう!

契約したいSIMフリーPC、SIMが決まったらあとは購入するだけです!

好きなように選んだけど、なんか全然うまく対応しあってなくて・・・みたいな悲しいことにならないように気をつけましょう。

当サイトでおすすめのSIMフリーPCは以下の記事でまとめています。参考にどうぞ。

SIMフリーPCと組み合わせたいオススメのSIMカード

ahamo(ドコモ回線)

 容量月額料金
ahamo20GB2970円
大盛りオプション80GB1980円

ahamoは月間データ容量20GBで月額2970円で利用できます。20GBを超えたらいつでも550円で1GB追加できます。

大盛りオプションでは、80GBを月額1980円で追加することが可能です。合計100GB、月額4950円で利用できます。

SIMスロットを搭載したノートパソコンにahamoのSIMカード入れて使うのもいいですし、モバイルルーターを購入してahamoのSIMカードを入れて使うのもオススメです。

注意事項

  • ahamoでは、⼀部ご利⽤できないサービスがあります
  • ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです
  • 機種購入時には、機種代⾦が別途かかります
  • サイトメンテナンス中など、受付できない場合がございます
  • ご利⽤端末がドコモで提供している通信⽅式とは異なる通信⽅式のみに対応している機種の場合、
    また SIMロック解除がなされていない場合についてはahamoをご利⽤いただくことはできません
    ご利⽤中の機種が 対応しているかはahamoサイトにてご確認ください

ahamo公式サイトはこちら

ahamoの詳細はこちらから

ボタンを押すとahamoへ移動します


  「5G/4G(LTE)対応SIMフリーノートPC・格安SIMの選び方」をSNSでシェア