まとめ/解説

テレワークにオススメの10万円以下ノートパソコンまとめ。スペックも解説

テレワーク・リモートワークにオススメの10万円以下ノートパソコンまとめ。

 

ノートパソコンの価格が10万円以下だと消耗品費で処理できます

この記事は、

  • 従業員にリモートワークをさせたいからとりあえず10万円以下のノートパソコンを調達したい
  • 会社からリモートワークを命じられたので適当なノートパソコンを購入したい

といった人向きの記事です。

10万円以下のノートパソコンは消耗品費で処理できて一括で経費計上できるので、固定資産やら減価償却やらを気にせずに済みます。

この記事では、10万円以下で購入できるノートパソコンについてまとめています。

最低限のテレワークノートパソコンを選ぶときのポイント

Intel Core iシリーズかRyzenを選ぶ

やたらと値段の安いノートパソコンは、IntelだとCeleron、AMDだとAthlonとかを搭載しているんですが、CeleronとかAthlonの性能はゴミです。

もしもスペックを見て「Celeron」とか「Athlon Silver」とか書いてあったら、ノートパソコンの形をしたタブレットと思ってください。

最低でもCPUはインテルならCore i3/i5、AMDならRyzen 5を搭載しているものを選びましょう。

最近の10万円以下のノートパソコンはAMD Ryzenと搭載しているものが多く、第3世代AMD Ryzen 5を搭載しているものが多いです。

液晶サイズ

5.6インチ、解像度はフルHDあるのが望ましいです。大体ノートパソコンは15.6インチフルHDです。

IPSパネルかTNパネルなのかはどっちでもいいです。

TNパネルは斜めから見ると色が変わるとか見ると思いますが、イラストやらポスター作成ならまだしも、事務作業とか書類作成などの仕事で画面を斜めから見て、色が変わった!とか普通見ないでしょう。

メモリ

メモリは8GBあればいいです。16GBは事務作業とか書類作成では多いです。

一度実行したら終了するまでに時間がかかったり、処理に時間がかかるようなマクロをExcelで動かしたりとかするのであれば16GBくらい欲しいかもしれません。

ストレージ

最低でもSSDで256GBは欲しいです。

SSDはHDDよりもデータの読み込みや書き込み速度が速いので、Windowsの起動も高速です。SSDは衝撃にも強いので持ち運びも安心です。

大容量のデータをHDDやSSDに保存して使うような業務であれば、512GBまで増やすか外付けHDD/SSDを活用しましょう。

光学ドライブはあんまり搭載していなくてオプション扱いのことがある

10万円以下のノートパソコンだと、光学ドライブはあんまり搭載されていません。一部のモデルでオプションで追加すれば搭載できます。

カメラやマイクは最低限

ノートパソコンに搭載されているカメラやマイクは最低限のものです。その場しのぎであれば問題ないです。

特にマイクはノートパソコン本体に内蔵されているので、ファンの音をマイクが拾う、ノートパソコンを触ったり動かしたりキーボードを叩いたりすると余裕でマイクで拾ってうるさいです。

ノートパソコンは完全に目の前に置いて、手元にあるノートとかにメモするなら問題ないですが、パソコンでメモを撮るならマイクは別で用意したほうがいいです。

こだわるのであれば、まずはマイクから購入していったほうがいいかもしれません。

 

10万円以下で購入できるLenovoのオススメノートパソコン

ThinkPad E595(第2世代Ryzen搭載)

ThinkPad E595は、AMD Ryzenプロセッサを搭載したノートパソコン。スペックはネット閲覧や文章作成程度なら余裕のスペックです。

15.6インチフルHD液晶ディスプレイなので解像度も十分です。解像度も画面の大きさも事務用としては必要十分でしょう。

HDMI端子を搭載しているので、家や職場に液晶ディスプレイがあればノートパソコン画面と液晶ディスプレイでデュアルディスプレイ環境を構築できます。あなたが思っているよりもデュアルディスプレイ環境は便利ですよ。

機密データを暗号化するTPMチップ、HD 720pカメラ、デジタルマイクロホンを搭載しているので、とりあえずはテレワーク・リモートワーク時の会議にも参加できます。

画質音質にこだわるなら別でマイクやカメラを買いましょう。

主なスペック

  • ディスプレイ : 15.6型フルHD(1920×1080)
  • OS : Windows 10 Home(Pro搭載可)
  • CPU : AMD Ryzen 5 3500Uプロセッサ
  • GPU  : 内蔵グラフィックス(AMD Radeon Vega 8)
  • メモリ : 8GB(最大32GB)
  • ストレージ : SSD 256GB
  • 光学ドライブ : なし
  • Office : オプションで搭載可能
  • 本体サイズ : 約 369x252x19.95mm
  • 重量 : 約2.1kg

テレワークポイント

  • カメラ搭載
  • マイク搭載
  • TPMチップ搭載
  • Windows 10 Proが搭載可能

詳細はこちらから

Lenovo公式サイトへ

LenovoのThinkPad E595のページに移動します

ThinkPad E15 Gen 2(第3世代Ryzen搭載)

ThinkPad E15 Gen 2は、AMD Ryzenプロセッサを搭載した15.6インチのノートパソコン。スペックはネット閲覧や文章作成程度なら余裕のスペックです。

15.6インチフルHD液晶ディスプレイなので解像度も十分です。解像度も画面の大きさも事務用としては必要十分でしょう。

HDMI端子を搭載しているので、家や職場に液晶ディスプレイがあればノートパソコン画面と液晶ディスプレイでデュアルディスプレイ環境を構築できます。あなたが思っているよりもデュアルディスプレイ環境は便利ですよ。

機密データを暗号化するTPMチップ、HD 720pカメラ、デジタルマイクロホンを搭載しているので、とりあえずはテレワーク・リモートワーク時の会議にも参加できます。

USB3.1 Gen-1 Type-Cポート(電源と共用)、USB3.1ポート2個、USB2.0ポート1個を搭載しているので、拡張性としては最低限です。有線マウスを使うとポートが1個潰れます。

画質音質にこだわるなら別でマイクやカメラを買いましょう。

主なスペック

  • ディスプレイ : 15.6型フルHD(1920×1080)
  • OS : Windows 10 Home(Pro搭載可)
  • CPU : AMD Ryzen 5 4500Uプロセッサ
  • GPU  : 内蔵グラフィックス(AMD Radeon Vega)
  • メモリ : 8GB(最大16GB)
  • ストレージ : SSD 256GB
  • 光学ドライブ : なし
  • Office : オプションで搭載可能
  • 本体サイズ : 約 369x252x19.95mm
  • 重量 : 約2.1kg

テレワークポイント

  • カメラ搭載
  • マイク搭載
  • TPMチップ搭載
  • Windows 10 Proが搭載可能

詳細はこちらから

Lenovo公式サイトへ

LenovoのThinkPad E15 Gen 2(AMD)の製品ページに移動します

10万円以下で購入できるDellのオススメノートパソコン

Inspiron 14 5000 プレミアム

Inspiron 14 5000プレミアムは、AMD RyzenプロセッサとAMD Radeon Vega グラフィックスを搭載したノートパソコン。

画面サイズは14インチなので持ち運びやすいです。リュックやかばんの中にも入れやすいサイズです。

USB3.2 Gen1 Type-C端子はDP/PowerDelivery対応、USB3.2 Gen1ポート2個、HDMI1.4端子搭載。無線LANでは高速な11acのワイヤレスLANで快適にネットへの接続も可能です。

Webカメラの解像度は720p。4枚のカメラレンズを搭載、ノイズ対策もされているので暗い照明環境でのビデオ品質が大幅に向上しています。

主なスペック

  • ディスプレイ : 14型フルHD(1920×1080)
  • OS : Windows 10 Home(Pro搭載可)
  • CPU : AMD Ryzen 5 4500Uプロセッサ
  • GPU  : 内蔵グラフィックス(AMD Radeon Vega)
  • メモリ : 8GB
  • ストレージ : SSD 256GB
  • 光学ドライブ : なし
  • Office : オプションで搭載可能
  • 本体サイズ : 高さ: 16.74 mm~18.40 mm | 2.幅: 321.30 mm | 3.奥行き: 216.20 mm
  • 重量 : 最小重量: 1.36 kg、(最大): 1.40 kg*

Inspiron 14 5000プレミアムは構成のカスタマイズは不可能です。

この構成のモデルの他に、CPUがRyzen 7 3700UとSSDが512GBに強化されたモデルが存在します。

テレワークポイント

  • カメラ搭載
  • マイク搭載
  • Windows 10 Proが搭載可能

カメラ、マイク、Windows 10 Proを搭載しているので、テレワーク・リモートワーク、Web会議は問題なくできます。

詳細はこちらから

Dell公式サイトへ

DellのInspiron 14 5000プレミアムのページに移動します

Inspiron 15 3000 プレミアム(Intel Core i5搭載)

Inspiron 15 3000プレミアムは最新第10世代Intel Core i5、メモリ8GB、SSD256GBを搭載したノートパソコンです。

LANポートは標準搭載、光学ドライブはオプションでつけられるのがポイントです。どうしても光学ドライブがついていて欲しい人にオススメです。

15.6インチフルHD液晶ディスプレイなので解像度も十分です。解像度も画面の大きさも事務用としては必要十分でしょう。

HDMI端子を搭載しているので、家や職場に液晶ディスプレイがあればノートパソコン画面と液晶ディスプレイでデュアルディスプレイ環境を構築できます。

USBポートは合計3つ搭載しています。

主なスペック

  • ディスプレイ : 15.6型フルHD(1920×1080)
  • OS : Windows 10 Home(Pro搭載可)
  • CPU : Core i5-1035G1
  • GPU  : Intel UHD Graphics
  • メモリ : 8GB
  • ストレージ : SSD 256GB
  • 光学ドライブ : 搭載(オプション)
  • Office : オプションで搭載可能
  • 光学ドライブ有の場合
    • 1. 高さ:22.7 mm | 2.幅:380.0 mm | 3.奥行き:258.0 mm重量:2.20 kg
  • 光学ドライブ無の場合
    • 1. 高さ:19.7 mm | 2.幅:380.0 mm | 3.奥行き:258.0 mm重量:2.13 kg

テレワークポイント

  • カメラ搭載
  • マイク搭載
  • Windows 10 Proが搭載可能

Inspiron 15 3000 プレミアムの詳細はこちらから!

Inspiron 15 3000 プレミアム

赤いボタンを押すとDellの製品ページに移動します

【11月4日まで】格安SIMはIIjmioがお得!12GBプランが半年間1280円割引、初期費用1円

大容量オプション月額料金
20GB3100円
30GB5000円
50GB(20GB+30GB)8100円
データ通信専用SIM
月額料金
大容量オプション
+20GB
大容量オプション
+30GB
組み合わせ
+50GB(20GB+30GB)
ミニマムスタートプラン
(3GB)
900円計23GB4000円計33GB5900円計53GB9000円
ライトスタートプラン
(6GB)
1520円計26GB4620円計36GB6520円計56GB9620円
ファミリーシェアプラン
(12GB)
2560円
→1280円
計32GB5660円
→4380円
計42GB7560円
→6280円
計62GB1万660円
→9380円

IIJmioのデータ通信専用SIMは、NTTドコモ回線のみ。

通常料金だと最大12GBですが、大容量オプションを追加、もしくは組み合わせることで20GB/30GB/50GBを増やすことができます。単体での利用はできません。必ず通常料金+オプション料金になります。

2020年11月4日までの期間中は、ファミリーシェアプランを契約した場合に限り、6ヶ月間1280円割引されるキャンペーンが実施中です!

また、初期費用3000円が1円になるキャンペーンも実施中です。

ファミリーシェアプランの割引キャンペーン、初期費用1円キャンペーンの詳細については以下の記事でまとめています。

IIJmio公式サイトはこちら

IIJmioの詳細はこちらから

ボタンを押すとIIJmioタイアップキャンペーンページへ移動します

  「テレワークにオススメの10万円以下ノートパソコンまとめ。スペックも解説」をSNSでシェア

© 2020 SIMフリーPC.net