まとめ/比較

【2022年】4G LTE対応Microsoft Surfaceシリーズのスペック・比較まとめ

4G LTE対応のMicrosoft Surfaceシリーズのスペック比較やまとめを行っています。

 

4G LTE対応周波数

 LTE Banddocomoausoftbank Surfaceシリーズ
1
3
8
19
26
28
41

基本的に、docomo系SIMを挿して利用したい場合はBand 1/3/19/21、au系SIMはBand 1/18、softbank系SIMはBand 1/3/8に対応していれば、よほどの田舎でない限り使用中に圏外になることはないと思います。

Band 18には対応していませんが、Band 26が18を内包しているので特に気にしなくて大丈夫です。Band 21も地方都市向けの補助的周波数なので深刻に気にする必要はありません。

搭載できるSIMカード

Surfaceシリーズに搭載できるSIMカードは、機種によって異なります。

eSIMが利用できるのは「Surface Pro X」のみとなっています。

製品名搭載可能
SIMカード
Surface Go 3nanoSIM
Surface Go 2nanoSIM
Surface Pro XnanoSIM
eSIM

Surfaceシリーズスペック詳細

Surfaceシリーズの基本

マイクロソフトが販売しているSurfaceシリーズは、基本的にタブレット画面のみで販売されています。

別売りのキーボードカバーを購入することで、タブレット部とキーボード部が接続でき、普通のノートパソコンのように使うことができるようになります。

ノートパソコンとして利用したいという方は別売りのキーボードカバーを購入し忘れないようにしましょう。

同じキーボードカバーで複数機種に使い回せるものもありますが、互換性がなく使えないものもあります。きちんと確認が必要です。

スペック比較

Surface Go 3/Surface Go 2はLTEモデルのものとなります。Wi-Fiモデルとはスペックが多少異なります。

Surface Go 3
(LTEモデル)
Surface Go 2
(LTEモデル)
Surface Pro X
発売日2021年10月5日
(LTEモデルは2022年1月11日)
2020年5月12日2020年1月14日
2020年10月13日
CPUIntel Core i3-10100YIntel Core m3-8100YMicrosoft SQ1
Microsoft SQ2
ディスプレイ10.5インチ
解像度: 1920 x 1280
10点マルチタッチ
10.5インチ
解像度: 1920 x 1280
10点マルチタッチ
13インチ
解像度: 2880 x 1920
10点マルチタッチ
メモリ8GB8GB8GB/16GB
ストレージSSD 128GBSSD 128GBSSD 128GB/256GB/512GB
フロントカメラWindows Hello 顔認証
500万画素
Windows Hello 顔認証
500万画素
Windows Hello 顔認証
500万画素
リアカメラ800万画素800万画素1000万画素
USB Type-C×1×1×2
SIMカードnanoSIMnanoSIMnanoSIM
eSIM
NFC
バッテリー駆動時間約11時間約10時間約13時間
重さ544g553g774g
本体価格(税込)
microsoft直販価格
10万7580円10万7580円14万2780円~
対応キーボードカバーSurface Go Type CoverSurface Go Type CoverSurface Pro X キーボード

Surface Go 3(LTEモデル)

ソフトウェアWindows 11 Home (S モード)
Xbox Game Pass Ultimate の 1 か月試用版
Office Home & Business 2021
本体サイズ245 mm x 175 mm x 8.3 mm
重量
(タイプカバーを除く)
544 g
ストレージSSD ドライブ: 128 GB
ディスプレイ画面: 10.5 インチ PixelSense ディスプレイ
解像度: 1920 x 1280 (220 PPI)
縦横比: 3:2
タッチ機能: 10 ポイント マルチタッチ
コントラスト比: 1500:1
Corning Gorilla Glass 3
バッテリー駆動時間通常のデバイス使用で最大 11 時間
プロセッサIntel Core i3-10100Y
メモリ8GB (LPDDR3)
グラフィックスインテル UHD グラフィックス 615
セキュリティWindows Hello 顔認証サインインによる
エンタープライズ クラスのセキュリティ
ファームウェア TPM
ワイヤレス機能Wi-Fi 6: IEEE 802.11 a/b/g/n/ac/ax 互換
Bluetooth 5.0 ワイヤレス テクノロジー
外部端子USB-C x 1
3.5 mm ヘッドホン ジャック
Surface Connect ポート x 1
Surface タイプ カバー ポート
MicroSDXC カード リーダー
カメラ、ビデオ、およびオーディオWindows Hello 顔認証によるサインイン用カメラ (前面)
5.0 MP フロント カメラ (1080p HD ビデオ)
8.0 MP オートフォーカス付きリア カメラ (1080p HD ビデオ)
強化された、Dual far-field スタジオ マイク
Dolby Audio 搭載 2W ステレオ スピーカー

ディスプレイは10.5インチ、アスペクト比3:2で、10点のマルチタッチに対応しています。

搭載されているプロセッサはIntel Core i3-10100Y、メモリは16GB、ストレージはSSD128GBを搭載しています。

インターフェースはUSB-C×1、3.5mm ヘッドフォン ジャック、Surface Connect 接続ポート、Surface タイプ カバー ポート、MicroSDXC カードリーダー。SIMスロットはnanoSIMのみです。

Windows Helloの顔認証に対応した500万画素の前面カメラ、800万画素の背面カメラを搭載しています。

バッテリー駆動時間は最大11時間、重さは画面のみで544gです。別売りキーボードの重さは約245gなので、装着すると合わせて789gほどになります。

装着できるキーボードは「Surface Go Type Cover」です。

Surface Go 2との違いは基本的にCPUのスペックがアップしたくらいになります。

Surface Go 3はWi-FiモデルとLTEモデルが販売されています。LTEを利用したい場合はLTEモデルを選択しましょう。

Surface Go 3の詳細はこちら

Surface Go 3

ボタンをクリックするとMicrosoft Storeへと移動します

ビックカメラでの詳細はこちら

Surface Go 2(LTEモデル)

ソフトウェアWindows 10 Home (S モード)
Office Home and Business 2019
プロセッサIntel Core m3-8100Y
ディスプレイ画面: 10.5 インチ PixelSense ディスプレイ
解像度: 1920 x 1280 (220 PPI) 解像度
縦横比: 3:2
コントラスト比: 1500:1
タッチ機能: 10 ポイント マルチタッチ
Corning Gorilla Glass 3
メモリ8GB
ストレージSSD 128GB
カメラ、ビデオ、およびオーディオWindows Hello 顔認証カメラ (前面)
5.0MP フロント カメラ (1080p HD ビデオ対応)
8.0MP オートフォーカス付きリア カメラ (1080p HD ビデオ対応)
デュアル スタジオ マイク
Dolby Audio 搭載 2W ステレオ スピーカー
グラフィックスIntel UHD Graphics 615
ワイヤレス機能WiFi: 802.11a/b/g/n/ac/ax 互換
Bluetooth ワイヤレス 5.0 テクノロジー
センサーアンビエント光センサー
加速度計
ジャイロスコープ
磁力計
NFC
外部端子1 x USB-C
3.5 mm ヘッドフォン ジャック
1 x Surface Connect 接続ポート
Surface タイプ カバー ポート
MicroSDXC カードリーダー
ネットワークNano SIM Tray
4G LTE Advanced (バンド 1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 12, 13, 17, 19, 20,
25, 26, 28, 29, 30, 38, 39, 40, 41, 66)
GPS/GLONASS: 誤差 3 メートル以内の精度を持つ Standalone および Assisted GNSS
バッテリー駆動時間最大10 時間
本体サイズ245 mm x 175 mm x 8.3 mm
重量
(タイプカバーを除く)
553 g

ディスプレイは10.5インチ、アスペクト比3:2で、10点のマルチタッチに対応しています。

搭載されているプロセッサはIntel Core m3-8100Y、メモリは16GB、ストレージはSSD128GBを搭載しています。

インターフェースはUSB-C×1、3.5mm ヘッドフォン ジャック、Surface Connect 接続ポート、Surface タイプ カバー ポート、MicroSDXC カードリーダー。SIMスロットはnanoSIMのみです。

Windows Helloの顔認証に対応した500万画素の前面カメラ、800万画素の背面カメラを搭載しています。

バッテリー駆動時間は最大10時間、重さは画面のみで553gです。別売りキーボードの重さは約245gなので、装着すると合わせて798gほどになります。

装着できるキーボードは「Surface Go Type Cover」です。

Surface Go 2はWi-FiモデルとLTEモデルが販売されています。LTEを利用したい場合はLTEモデルを選択しましょう。

Microsoft Storeでの詳細はこちら

Amazonでの詳細はこちら

ビックカメラでの詳細はこちら

Surface Pro X

ソフトウェアWindows 10 Home
Office Home & Business 2019
本体サイズ28.7 cm x 20.8cm x 7.3mm
重量
(タイプカバーを除く)
774 g
ストレージSSD 128GB、256GB、512GB
ディスプレイ画面:13 インチ PixelSense ディスプレイ
解像度: 2880x1920 (267 PPI)
アスペクト比:3:2
タッチ: 10 ポイント マルチタッチ
バッテリー駆動時間最大 15 時間 (通常デバイス使用)
プロセッサMicrosoft SQ1
Microsoft SQ 2
メモリ8GB または16GB
LPDDR4x RAM
グラフィックスMicrosoft SQ 1 Adreno 685 GPU
Microsoft SQ 2 Adreno 690 GPU
セキュリティFirmware TPM
Windows Hello 顔認証サインインによるエンタープライズ級の保護
ワイヤレス機能Wi-Fi 5: 802.11 ac 互換
Bluetooth 5.0 ワイヤレス テクノロジ
Qualcomm X24 LTEモデム
nanoSIM および eSIM をサポートする最大ギガビット LTE Advanced Pro4
アシストされた GPS および GLONASS のサポート
キャリアのロック解除
外部端子USB-C × 2Surface Connect ポート × 1
Surface キーボードポート
nano SIM × 1
Surface Dial のオフ スクリーン操作に対応
カメラ、ビデオ、およびオーディオWindows Hello 顔認証サインイン用カメラ (前面)
5.0MP フロント カメラ (1080p フル HD ビデオ)
10.0MP オートフォーカス機能付きリア カメラ (1080p full HD ビデオ)
デュアル マイク
Dolby Audio を搭載した 2W ステレオスピーカー

Surface Pro Xは、画面とキーボードが着脱式の2in1ノートパソコンです。

キーボードは別売りで、装着することでノートパソコンのように利用可能です。画面のみでもタブレットのように利用でき、キックスタンドで立てることも可能です。

ディスプレイは13インチ、アスペクト比3:2で、狭ベゼルを採用しています。10点のマルチタッチに対応しています。

メモリは8GBもしくは16GB、ストレージはSSD128GB/256GB/512GBから選択可能です。

搭載されているプロセッサはMicrosoft SQ1、もしくはMicrosoft SQ2で、これはSnapdragonでお馴染みのQualcommと共同開発したArmベースのプロセッサとなっています。

インターフェースはUSB 3.2 Gen2 Type-C×2、Surface Connect接続ポート、Surfaceキーボードコネクターポート。SIMスロットはnanoSIMです。

Windows Helloの顔認証に対応した500万画素の前面カメラを搭載しています。バッテリー駆動時間は最大15時間、重さは画面のみで774gです。

また、別売りのペンを購入することでペン操作も可能、別売りキーボード「Surface Pro X キーボード」にはペンを無接点充電できるスペースも搭載されています。

Surface Pro X キーボードの重さは約335gなので、装着すると合わせて1.2kgほどになります。

Surface Pro XはすべてLTEに対応しています。お好きなスペックを選んでください。

Microsoft Storeでの詳細はこちら

Amazonでの詳細はこちら

ビックカメラでの詳細はこちら

eSIMを利用するなら「楽天モバイル」「IIJmio」

楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT VII)

データ利用量 
3GBまで1078円
20GBまで2178円
無制限 楽天回線エリア外は最大 1Mbpsで使い放題3278円

楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT VII」では、楽天回線エリアであれば、高速でデータ無制限使い放題。パートナー回線エリアだと最大1Mbpsで使い放題のプランがあります。

自分の住んでいる地域が楽天回線エリアか、パートナー回線エリアかは以下のページで調べることができます。

通信・エリア | 楽天モバイル

楽天モバイルの詳細はこちら

IIJmioでは現在eSIMのサービスとして、定額制のギガプランと、従量制の「eSIM(データプランゼロ)」が契約できます。

従量制のeSIM(データプランゼロ)は月額150円の基本料金に、1GBずつデータ量を購入していく形になります。1ヶ月に10GBまでしか購入できません。

毎月の通信量に大きく波がある方は従量制のほうがよいでしょう。

ギガプラン
(定額制)
eSIM
月額料金(税込)
2ギガプラン440円
4ギガプラン660円
8ギガプラン1100円
15ギガプラン1430円
20ギガプラン1650円
eSIM(データプランゼロ)
(従量制)
月額料金月165円
追加データ量 1GB330円
追加データ量 2GB〜10GB495円

IIJmioの申し込みはこちら

 

SIMフリーPCと組み合わせたいオススメのSIMカード

ahamo(ドコモ回線)

 容量月額料金
ahamo20GB2970円
大盛りオプション80GB1980円

ahamoは月間データ容量20GBで月額2970円で利用できます。20GBを超えたらいつでも550円で1GB追加できます。

大盛りオプションでは、80GBを月額1980円で追加することが可能です。合計100GB、月額4950円で利用できます。

SIMスロットを搭載したノートパソコンにahamoのSIMカード入れて使うのもいいですし、モバイルルーターを購入してahamoのSIMカードを入れて使うのもオススメです。

注意事項

  • ahamoでは、⼀部ご利⽤できないサービスがあります
  • ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです
  • 機種購入時には、機種代⾦が別途かかります
  • サイトメンテナンス中など、受付できない場合がございます
  • ご利⽤端末がドコモで提供している通信⽅式とは異なる通信⽅式のみに対応している機種の場合、
    また SIMロック解除がなされていない場合についてはahamoをご利⽤いただくことはできません
    ご利⽤中の機種が 対応しているかはahamoサイトにてご確認ください

ahamo公式サイトはこちら

ahamoの詳細はこちらから

ボタンを押すとahamoへ移動します


  「【2022年】4G LTE対応Microsoft Surfaceシリーズのスペック・比較まとめ」をSNSでシェア