まとめ/解説

頑丈/堅牢性の高い5G/4G(LTE)対応モバイルノートパソコン4選

 

SIMフリー、5G/4G(LTE)対応で、頑丈/堅牢性の高いモバイルノートパソコン4種類を紹介します。

「頑丈/堅牢性の高い」とは?

「堅牢性」とは、簡単に言えば硬く、丈夫で耐久性があること。高ければ外圧の衝撃に耐えることができます。

ノートパソコンを外で利用、持ち運ぶ際にもしかしたら落としてしまうかもしれません。落とすだけではなくぶつけてしまったり、満員電車の中で押されてしまったりしたときの場合も考えられます。

落としてしまったときなどにすぐ壊れてしまったらどうしようもないので、頑丈で堅牢性が高いということは1つのメリットになります。

うっかりはつきもの。軽さなども大切ですが、持ち運ぶ以上できれば丈夫なものを選ぶことも大切かと思われます。スマホなどは落としやすいので堅牢性の高さがより重要になりますね。

この記事では公式で堅牢性の高さ、頑丈さを示す「耐圧試験」や「落下試験」「加圧振動試験」などの耐久試験をクリアしたと表記されているものを紹介します。

なお、セキュリティ面での「堅牢性が高い」は紹介していません。

頑丈/堅牢性の高いモバイルノートパソコン4選!

1. Let's note(レッツノート)

頑丈で堅牢性が高いと言えばLet's note(レッツノート)はかかせません。

Let's note(レッツノート)では全シリーズに対して以下の耐久試験を行っています。リンク先はPanasonic公式が行っている耐久試験の動画URLになっています。

  • 100kgf加圧振動試験 : 満員電車の中でかかる圧力を想定
    「1kgf」とは1kgの質量の物体が重力加速度9.8m/sec2で加速された時に生じる力のこと。天面と底面全体に均等に980N(100kgf}で圧迫した状態で振動試験を実施しています。
  • 耐落下試験 : 一般的な机の高さから落下したときを想定
    一般的なデスクの高さである76cm、また移動中カバンからの落下を想定した30cmからの落下試験が行われています。
  • ヒンジ耐久試験
  • キーボード打鍵試験
  • 輻射試験

ちなみにLet's note 2023年最新モデルのスペックは以下の通り。以下はPanasonic Store Plusのみで購入可能の「カスタマイズレッツノート」のスペックになっています。

 FVシリーズ
(FV4)

プレミアム
5Gモデル
プレミアム
EVOモデル
プレミアム
通常版
OSWindows 11 Pro
CPUCore i7-1370PCore i7-1370P
Core i5-1345U
ディスプレイ14.0型(3:2)
QHD(2160×1440)
タッチパネル--
メモリ32GB32GB32GB
16GB
ストレージSSD2TB(PCIe)
SSD1TB(PCIe)
SSD512GB(PCIe)
セカンドSSD搭載可能
SSD2TB(PCIe)(プレミアムのみ)
SSD1TB(PCIe)
SSD512GB(PCIe)
セカンドSSD搭載可能
(プレミアムのみ)
フロントカメラFull HD 1080p
最大1920×1080(約207万画素)
顔認証対応
指紋センサー
光学ドライブ
搭載可能
-
SIMnanoSIM
eSIM
ワイヤレスWAN5G/4G4G
USB Type-C
(Thunderbolt 4対応、
USB PowerDelivery対応)
駆動時間(最大)(S):約9時間
(L):約17時間
重さ(S)約1.054kg
(L)約1.154kg
(L)約1.229kg(S)約1.034kg
(L)約1.134kg
価格(税込)45万5400円~42万5700円~29万7000円~
公式サイトFVシリーズ
SRシリーズ
(SR4)
QRシリーズ
(QR4)
プレミアム
5Gモデル
プレミアム
通常版
プレミアム
5Gモデル
プレミアム
通常版
OSWindows 11 ProWindows 11 Pro
CPUCore i7-1270PCore i7-1270P
Core i5-1245U
Core i7-1370PCore i7-1370P
Core i5-1345U
ディスプレイ12.4型(3:2)
FHD+(1920×1280)
12.4型(3:2)
FHD+(1920×1280)
12.4型(3:2)
FHD+(1920×1280)
タッチパネル-
メモリ32GB32GB
16GB
32GB32GB
16GB
ストレージSSD2TB(PCIe)
SSD1TB(PCIe)
SSD512GB(PCIe)
SSD2TB(PCIe)(プレミアムのみ)
SSD1TB(PCIe)
SSD512GB(PCIe)
SSD2TB(PCIe)
SSD1TB(PCIe)
SSD512GB(PCIe)
SSD2TB(PCIe)(プレミアムのみ)
SSD1TB(PCIe)
SSD512GB(PCIe)
フロントカメラFull HD 1080p
最大1920×1080(約207万画素)
Full HD 1080p
最大1920×1080(約207万画素)
顔認証対応
指紋センサー
光学ドライブ
搭載可能
--
SIMnanoSIM
eSIM
nanoSIM
eSIM
ワイヤレスWAN5G/4G4G5G/4G4G
USB Type-C
(Thunderbolt 4対応、
USB PowerDelivery対応)

(Thunderbolt 4対応、
USB PowerDelivery対応)
駆動時間(最大)(軽量):約9.5時間
(標準):約16時間
(軽量):約9.5時間
(標準):約16時間
重さ(軽量)約0.899kg~
(標準)約0.979kg~
(軽量)約0.884kg~
(標準)約0.964kg~
(軽量)約0.979kg~
(標準)約1.059kg~
(軽量)約0.964kg~
(標準)約1.044kg~
価格(税込)45万3200円~29万4800円~48万4000円~34万3200円~
公式サイトSRシリーズQRシリーズ

2023年最新モデルは、14型大画面の「FVシリーズ」、軽量コンパクトサイズの「SRシリーズ」、360度回転ヒンジを搭載した2in1PC「QRシリーズ」があります。

詳細スペックについては以下のページでまとめています。

カスタマイズレッツノートの詳細はこちら

2. VAIO SX12/SX14

SX14では液晶180度開きひねり試験やペン挟み試験、90cm落下試験など様々な状況を想定した試験が行われています。

VAIO SX12/SX14のスペックは以下の通り。

VAIO SX14
(2022年7月モデル)
VAIO SX12
(2022年7月モデル)
CPUCore i7-1260P
Core i5-1240P
Core i3-1215U(5G未対応)
Celeron 7305(5G未対応)
ディスプレイ14.0型ワイド(16:9)
Full HD 1920×1080
Ultra HD(4K) 3840×2160
12.5型ワイド(16:9)
Full HD 1920×1080
タッチパネルFull HDのみ搭載可能-
メモリ
(オンボード)
32GB/16GB/8GB
ストレージ第四世代ハイスピードSSD
(PCIe NVMe 暗号化機能付き)
256GB/512GB/1TB/2TB
スタンダードSSD(PCIe NVMe 暗号化機能付き)
128GB/256GB/512GB
フロントカメラ207万画素
CMOS センサー搭載Full HDカメラ
Windows Hello 顔認証対応
92万画素
CMOS センサー搭載HDウェブカメラ
バッテリー駆動時間Full HD選択時
約24.5~27.0時間
約24.8~26.0時間
Full HDタッチパネル選択時
約15.0~19.5時間
Ultra HD(4K)選択時
約14.8時間
重さ約1.046kg~1.167kg約899g~940g
本体価格18万9800円~18万9800円~

詳細は以下でまとめています。

VAIO SX14の詳細はこちら

ソニーストアでVAIO SX14を見る

ボタンをクリックするとソニーストアへと移動します

VAIO SX12の詳細はこちら

ソニーストアでVAIO SX12を見る

ボタンをクリックするとソニーストアへと移動します

3. ThinkPadシリーズ

ThinkPadは、2014年の少し古い情報ではあるのですが「史上最強の証明テスト」と銘打っていくつかの耐久試験が行われている様子が公開されています。現在横浜のみなとみらいにある、設計や開発を行っている大和研究所の製品試験室で耐久試験が行われているようです。

ページで公開されている耐久試験は以下の通り。

  • 荷重負荷試験 : 閉じた天板を、指先や手のひらを想定した専用器具で圧迫
  • 湿温度信頼性試験 : 低温、高温、低湿度、高湿度、急激な温度変化の状態を想定して検証
  • 落下試験 : 自由落下、角落下、片持ち落下など様々な状態での落下を想定

2015年に試験室が一部公開された際の取材記事が各所から出ている情報によると、他にも試験を行っているようです。静電気や電波による誤動作、ホコリ、騒音、ヒンジ耐久、振動や衝撃などなど。

レノボ、大和研究所で「ThinkPad P」シリーズの拷問テストを公開 - PC Watch

レノボ最強のWS「ThinkPad P」、過酷な「大和研究所」拷問試験の模様を見てきた | マイナビニュース

X1 Carbonなどは本体が4層からなるカーボンファイバーで強化されていたり、マグネシウム合金のロールケージ(保護のためのフレーム)が採用されているなど、素材からしても非常に強度があります。

また、一部のThinkPadには「米沢生産モデル」が存在します。山形県の米沢において非常に徹底した品質管理の下で製造されており、評価が高いです。なんとなくですが個人的に「国産」と言われると謎の安心感があります。

ThinkPadの米沢生産モデル | レノボジャパン

LTEに対応しているThinkPadシリーズについての詳しいスペック、比較などは以下の記事でまとめています。

Lenovo公式オンラインストアはこちら

堅牢性は重要!

以上、堅牢性の高さを謳っている主なLTE対応のモバイルノートパソコンをあげてみました。

紹介したものや、ThinkPadだとThinkPad X1 CarbonやThinkPad X13などは軽めのノートパソコンでもあるので、軽さも両立したい場合でもおすすめです。

ビジネス向けとしては軽く、耐久性を誇るレッツノートがオススメ。

  「頑丈/堅牢性の高い5G/4G(LTE)対応モバイルノートパソコン4選」をSNSでシェア