Let's noteシリーズ まとめ/比較

【2022年】5G/4G(LTE)対応「パナソニック レッツノート」スペック比較・まとめ

Panasonicの5G/4G(LTE)対応SIMフリーPC「Let's note(レッツノート)」のスペック比較やまとめを行っています。

 

カスタマイズレッツノート2022年春モデルが発売

カスタマイズレッツノートとは、通常店頭販売されているLet's noteとは違い、Panasonic Store Plusのみで詳細可能のスペックのカスタマイズができるLet's noteのこと。

Panasonicは2022年1月13日に、Panasonic Store Plusで販売しているカスタマイズレッツノートの2022年春モデルを発表しました。2022年1月22日より発売予定です。

2022年春モデルは、全機種Windows 11 Proを搭載しています。新しくなった部分は、SVシリーズがIntel Core i7-1195G7を搭載、QVシリーズがデュアルSIM(nanoSIM+eSIM)に対応した部分です。

それぞれにプレミアムエディションが存在し、通常よりもスペック高めとなっています。

パナソニック独自のチューニング「Maxperformer」を採用

2022年春モデルには、パナソニック独自のチューニングによりCPUのパフォーマンスを最大化させる「Maxperformer」が採用されています。

筐体内の放熱機構と、独自に開発した冷却ファンユニットによって、効率的にCPUを冷却。性能をさらに引き出すことができるようです。

また、筐体内の様々な場所の温度を監視しながら、CPUの動作内容ごとに適切な電力制御を独自にチューニングすることで最大限の処理速度を発揮できるようになっています。

レッツノート2022年春モデルスペックまとめ

スペック比較

パナソニックストアでのカスタマイズレッツノートにはプレミアムエディションと通常版が存在します。

以下の表は、搭載可能なもの、最小重量でのスペック比較です。CPUなど2つ記載されている箇所は基本的に、スペックが高いほうがプレミアムエディション、低いほうが通常版です。

FV1SV2
プレミアム
通常版
QV1
プレミアム
通常版
5GモデルEVOモデル
プレミアム
通常版
OSWindows 11 Pro
CPUCore i7-1185G7Core i7-1185G7Core i7-1185G7
Core i5-1145G7
Core i7-1185G7
Core i5-1145G7
Core i7-1185G7
Core i5-1145G7
ディスプレイ14.0型(3:2)
QHD(2160×1440)
12.1型(16:10)
WUXGA(1920×1200)
12.0型(3:2)
WQXGA+(2880×1920)
タッチパネル---
メモリ32GB32GB32GB
16GB
32GB
16GB
16GB
ストレージSSD2TB(PCIe)
SSD1TB(PCIe)
SSD512GB(PCIe)
セカンドSSD搭載可能(通常版除く)
SSD2TB(PCIe)
SSD1TB(PCIe)
SSD512GB(PCIe)
SSD2TB(PCIe)
SSD1TB(PCIe)
SSD512GB(PCIe)
フロントカメラ最大1920×1080(約207万画素)
顔認証対応
指紋センサー
光学ドライブ
搭載可能
--
SIMnanoSIM
eSIM
nanoSIMnanoSIMnanoSIMnanoSIM
ワイヤレスWAN5G/4G4G4G4G4G
USB Type-C
(Thunderbolt 4対応、
USB PowerDelivery対応)

(Thunderbolt 4対応、
USB PowerDelivery対応)

(Thunderbolt 4対応、
USB PowerDelivery対応)
駆動時間(最大)(S):約10.5時間
(L):約20時間
(L):約20時間(S):約10.5時間~
(L):約20時間~
(S):約12時間~
(L):約19時間~
約10.5時間~
重さ(S)約1.054kg
(L)約1.154kg
(L)約1.229kg~(S)約1.034kg~
(L)約1.134kg~
(S)約0.949kg~
(L)約1.049kg~
約0.969kg~
価格(税込)39万8200円~39万8200円~27万6100円~24万8600円~28万3800円~
公式サイトFVシリーズSVシリーズQVシリーズ

(S)、(L)とはバッテリーパックのことです。またワイヤレスWAN(4G)を搭載の場合、表記の重さに+0.005kg(QVのみ+0.01kg)されます。

タッチパネルを搭載しているのはFV(EVOモデル)とQV。光学ドライブを搭載可能なのはSVのみです。

こんな方におすすめ

  • FVシリーズ : 大画面で作業がしたい人
  • FVシリーズ 5Gモデル : 大画面で、5G対応/eSIM対応モデルがほしい人
  • FVシリーズ EVOモデル : 大画面で、タッチパネルを利用したい人
  • SVシリーズ : 光学ドライブを搭載している軽い最新CPUのノートパソコンがほしい人
  • QVシリーズ : 高解像度のディスプレイを搭載し、薄型軽量で、eSIM対応モデル、360度回転ヒンジやタッチパネルを利用した作業がしたい人

カスタマイズレッツノートの詳細はこちら

カスタマイズレッツノートを見る

ボタンをクリックするとPanasonic Store Plusへと移動します

FVシリーズ(2022年春モデル)

型番FV1
モデル5GモデルEVOモデルプレミアムエディション通常版
OSWindows 11 Pro 64ビット
表示方式14.0型(3:2)
QHD(2160×1440)
TFTカラー液晶
タッチパネル---
CPUCore i7-1185G7Core i5-1145G7
メモリー32GB16GB
ストレージSSD 512GB(PCIe)
SSD 1TB(PCIe)
SSD 2TB(PCIe)
セカンドSSD搭載可能
SSD 512GB(PCIe)
SSD 1TB(PCIe)
光学式ドライブ-
無線LANIntel Wi-Fi 6 AX201
IEEE802.11a(W52/W53/W56)/b/g/n/ac/ax 準拠
(WPA3、WPA2-AES/TKIP対応、Wi-Fi準拠)
SIMスロットnanoSIM
eSIM
デュアルSIM対応
nanoSIM
BluetoothBluetooth v5.1
カメラ(マイク)顔認証対応カメラ(IRライト1灯付)
有効画素数 最大1920×1080ピクセル(約207万画素)
アレイマイク搭載
指紋センサー
質量バッテリー(S)装着時 約1.054kg
バッテリー(L)装着時 約1.154kg
(L)装着時 約1.229kg~(S)装着時 約1.034kg~
(L)装着時 約1.134kg~
インターフェースUSB 3.1 Type-Cポート×2
(Thunderbolt 4対応、USB Power Delivery対応)
USB 3.0 Type-Aポート×3
LANコネクター(RJ-45)
外部ディスプレイコネクター(アナログRGB(VGA) ミニDsub 15ピン)
HDMI出力端子(4K60p出力対応)
ヘッドセット端子(マイク入力+オーディオ出力)
外形寸法幅308.6mm×奥行235.3mm×高さ18.2mm (突起部除く)
EVOモデルのみ 高さ18.5mm
駆動時間バッテリー(S)装着時:約10.5時間駆動
バッテリー(L)装着時:約20時間駆動
(L)装着時:約20時間駆動(S)装着時:約10.5時間駆動
(L)装着時:約20時間駆動
(S)装着時:約11時間駆動
(L)装着時:約21時間駆動
付属品ACアダプター、取扱説明書、バッテリーパック 等

FVシリーズは、14型QHD(1920×1080)のディスプレイを搭載し、アスペクト比が3:2と書類に近いサイズとなっています。

グラフィックにはインテル Iris Xeを搭載。通常のIntel CPUに内蔵されているインテルUHDグラフィックスなどよりもグラフィックス性能が上になっています。

インテル® Iris® Xe グラフィックスとインテル Iris® Plus グラフィックス

5Gに対応した5Gモデル、インテル Evo vProプラットフォームに準拠したEVOモデル、プレミアムエディション、通常版がラインナップされています。

EVOモデルのみ、タッチパネルが搭載されています。通常のACアダプターに加えて、USB Power Deliveryに対応した軽量のACアダプターも付属しています。

CPUはCore i7-1185G7もしくはCore i5-1145G7、メモリは32GBもしくは16GBです。

搭載できるSSDは、1台目に512GB~2TB、2台目に512GB~2TBを載せることが可能で、最大4TB搭載可能となっています。

また、ボックススピーカーが搭載されており、低音再生能力が高く、人の声が聞き取りやすくなっています。

前面には、Windows Helloの顔認証に対応した約207万画素のIRカメラを搭載。指紋センサーも搭載されます。

インターフェースは、USB 3.1 Type-C(Thunderbolt 4、USB PowerDelivery対応)×2、USB 3.0 Type-A×3、LANコネクタ(RJ-45)×1、アナログRGB ミニDSub 15ピン×1、HDMI×1。

バッテリーは着脱式となっており、バッテリーパック(S)もしくは(L)を搭載可能です。

また、無線LANは「Wi-Fi 6(IEEE 802.11ax)」に対応しています。多数のデバイスが接続されているネットワーク上でも、高速で信頼性の高い通信が可能です。

5Gモデルは名の通り5Gに対応しており、nanoSIMとeSIMに対応。デュアルSIMにも対応しています。他のモデルはnanoSIMのみ対応しています。

FVシリーズの詳細はこちら

SVシリーズ(2022年春モデル)

型番SV2
プレミアムエディション通常版
OSWindows 11 Pro 64ビット
表示方式12.1型(16:10)
TFTカラー液晶
WUXGA(1920×1200ドット)
CPUインテル Core i7-1195G7インテル Core i5-1155G7
メモリー32GB16GB
ストレージSSD 512GB(PCIe)
SSD 1TB(PCIe)
SSD 2TB(PCIe)
SSD 512GB(PCIe)
SSD 1TB(PCIe)
光学式ドライブ非搭載
DVDスーパーマルチドライブ
ブルーレイディスクドライブ
無線LANIntel Wi-Fi 6 AX201
IEEE802.11a(W52/W53/W56)/b/g/n/ac/ax 準拠
(WPA3、WPA2-AES/TKIP対応、Wi-Fi準拠)
SIMスロットnanoSIM
BluetoothBluetooth v5.1
カメラ(マイク)顔認証対応カメラ(IRライト1灯付)
有効画素数 最大1920×1080ピクセル(約207万画素)
アレイマイク搭載
指紋センサー
質量バッテリー(S)装着時 約0.949 kg~
バッテリー(L)装着時 約1.049 kg~
インターフェースUSB 3.1 Type-Cポート×1
(Thunderbolt 4 テクノロジー対応、USB Power Delivery対応)
USB 3.0 Type-Aポート×3
LANコネクター(RJ-45)
外部ディスプレイコネクター(アナログRGB(VGA) ミニDsub 15ピン)
HDMI出力端子(4K60p出力対応)
ヘッドセット端子(マイク入力+オーディオ出力)
外形寸法幅283.5 mm×奥行203.8 mm×高さ24.5 mm (突起部除く)
駆動時間バッテリー(S)装着時 約12時間
バッテリー(L)装着時 約19時間
バッテリー(S)装着時 約12.5時間
バッテリー(L)装着時 約19.5時間
付属品ACアダプター、バッテリーパック、取扱説明書 等

SVシリーズは、12.1型のWUXGA、TFT液晶を搭載。前面に207万画素の顔認証対応カメラを搭載しています。光学式ドライブは有無の選択が可能。

プレミアムエディションのCPUはCore i7-1195G7で、メモリは32GB。通常版はCPUがCore i5-1155G7、メモリ16GB。FV、QVシリーズよりもCPUが高性能です。

プレミアムエディションの搭載可能ストレージ(PCIe)は512GB~2TBから選択可能で、標準モデルだと512GB、1TBのSSD(PCIe)を搭載可能です。

グラフィックスはインテル Iris Xe グラフィックスを内蔵しています。

通常のIntel CPUに内蔵されているインテルUHDグラフィックスなどよりもグラフィックス性能が上になっています。

インテル® Iris® Xe グラフィックスとインテル Iris® Plus グラフィックス

インターフェースは、USB 3.1 Type-C(Thunderbolt 4、USB PowerDelivery対応)×1、USB 3.0 Type-A×3、LANコネクタ(RJ-45)×1、アナログRGB ミニDSub 15ピン×1、HDMI×1。

最軽量モデルでは重さは約0.949kg、バッテリーパックが交換可能で、Sを搭載するとバッテリー駆動時間は最大で約12.5時間、Lを搭載すると最大で約19.5時間利用可能です。

また、無線LANの規格である「Wi-Fi 6(IEEE 802.11ax)」に対応しています。多数のデバイスが接続されているネットワーク上でも、高速で信頼性の高い通信が可能です。

SVシリーズの詳細はこちら

QVシリーズ(2022年春モデル)

型番QV1
プレミアムエディション通常版
OSWindows 11 Pro 64ビット
表示方式12.0型(3:2)TFTカラー液晶
WQXGA+ (2880×1920ドット)
(静電容量式マルチタッチパネル、アンチリフレクション保護フィルム付き)
CPUインテル Core i7-1185G7インテル Core i5-1145G7
メモリー32GB16GB
ストレージSSD 512GB(PCIe)
SSD 1TB(PCIe)
SSD 2TB(PCIe)
SSD 512GB(PCIe)
SSD 1TB(PCIe)
光学式ドライブ-
無線LANIntel Wi-Fi 6 AX201
IEEE802.11a(W52/W53/W56)/b/g/n/ac/ax 準拠
(WPA3、WPA2-AES/TKIP対応、Wi-Fi準拠)
SIMスロットnanoSIM
eSIM
デュアルSIM対応
BluetoothBluetooth v5.1
カメラ(マイク)顔認証対応カメラ
有効画素数 最大1920×1080ピクセル(約207万画素)
アレイマイク搭載
指紋センサー
質量約0.969kg
インターフェースUSB 3.1 Type-Cポート(Thunderbolt 3対応、USB Power Delivery対応)
USB 3.0 Type-Aポート×3
LANコネクター(RJ-45)
外部ディスプレイコネクター(アナログRGB(VGA) ミニDsub 15ピン)
HDMI出力端子(4K60p出力対応)
ヘッドセット端子(マイク入力+オーディオ出力)
ステレオスピーカー
外形寸法幅273.0mm×奥行209.2mm×高さ18.7mm(突起部除く)
駆動時間約10.5時間約11時間
付属品ACアダプター、バッテリーパック、専用布、取扱説明書 等

QVシリーズは360度ヒンジを搭載した2in1モバイルノートパソコンです。

12型のWQXGA+(2880×1920)、TFT液晶を搭載。マルチタッチに対応したディスプレイとなっており、ペン操作にも対応。

WQXGA+(2880×1920)はレッツノート最高解像度。また、アスペクト比が3:2と書類に近いサイズとなっています。前面に顔認証対応の207万画素のカメラが搭載されています。

プレミアムエディションの搭載可能ストレージ(PCIe)は512GB~2TBから選択可能で、標準モデルだと512GB~1TBのSSD(PCIe)を搭載可能です。

プレミアムエディションのCPUはCore i7-1185G7、メモリ32GB。通常版のCPUはCore i5-1145G7、メモリ16GB。

インターフェースは、USB 3.1 Type-C(Thunderbolt 3、USB PowerDelivery対応)×1、USB 3.0 Type-A×3、LANコネクタ(RJ-45)×1、アナログRGB ミニDSub 15ピン×1、HDMI×1。

最軽量モデルでは重さは約0.969kgと軽量。サイズはA4サイズよりもコンパクト。バッテリー駆動時間は最大で約11時間利用可能です。指紋センサーも搭載されています。

また、無線LAN「Wi-Fi 6(IEEE 802.11ax)」に対応しています。多数のデバイスが接続されているネットワーク上でも、高速で信頼性の高い通信が可能です。

SIMスロットはnanoSIMとeSIMに対応しています。デュアルSIMにも対応しています。

QVシリーズの詳細はこちら

各種キャンペーン実施中

最新のシリアルコードは公式サイトでご確認をお願いします。

【2022年春モデルFV】本体価格から最大1万5000円オフ

2022年5月31日(火)13:00までの期間中、カスタマイズレッツノート2022年春モデルのFVシリーズ、SVシリーズを購入時に本体価格から1万5000円オフになるクーポンコードが配布されています。

  • 15,000円OFF
    カスタマイズレッツノート2022年春モデル FVシリーズ一部機種
    (CF-FV1XUCCP/CF-FV1XSDCP/CF-FV1XSCCP/CF-FV1XRCCP)

  • 10,000円OFF
    カスタマイズレッツノート2022年春モデル FVシリーズ一部機種
    (CF-FV1WRBCP/CF-FV1WSBCP)

春モデルFVシリーズ限定 最大15,000円OFF|カスタマイズレッツノート|パナソニック公式通販サイト - Panasonic Store Plus

【FVシリーズ全機種】Lバッテリーカスタマイズが5000円オフ

2022年5月31日(火)13:00までの期間中、カスタマイズレッツノートFVシリーズを購入時、バッテリーパックLを含むバッテリーのカスタマイズを選択する際に5000円オフになるクーポンコードが配布されています。

  • カスタマイズレッツノート FVシリーズ全機種
    ※「バッテリーパック(L)」をカスタマイズ項目で選択すると、5,000円OFFの対象となります。
    ※インテル® Evo™ vPro® プラットフォーム準拠モデルはキャンペーン対象外です。

Lバッテリーカスタマイズ5,000円OFF|カスタマイズレッツノート|パナソニック公式通販サイト - Panasonic Store Plus

  • 現在特になし

5G/4G(LTE)対応周波数

【FVシリーズ5Gモデルのみ】5G対応周波数

FVシリーズの5Gモデルのみ5Gに対応しています。もちろん4Gにも対応しています。

5G Banddocomoausoftbank楽天カスタマイズレッツノート
FVシリーズ 5Gモデル
n77
n78
n79

4G(LTE)対応周波数

 LTE Banddocomo au softbank楽天カスタマイズ
レッツノート
1
3
8
18
19
21
26
28
41
42
(FV 5Gモデルのみ)

基本的に、docomo系SIMを挿して利用したい場合はBand 1/3/19/21、au系SIMはBand 1/18、softbank系SIMはBand 1/3/8に対応していれば、よほどの田舎でない限り使用中に圏外になることはないと思います。

カスタマイズレッツノートはこれらの周波数帯全てに対応しています。

搭載できるSIMカード

対応SIMカードは「nanoSIM」です。標準SIMやmicroSIMは利用できません。

また、FVシリーズ5GモデルとQVシリーズのみ「eSIM」に対応しています。

カスタマイズページで上記の選択をすることでLTE対応モデルにできます。

「SIM同梱」の欄における、WonderlinkとはPanasonic独自のLet's note専用通信サービスのことです。

Panasonicで確認済みの通信サービスは「NTTドコモ社のLTE(Xi)契約の回線」「Panasonic Store Plusの Wonderlink LNサービス」です。

各格安SIMを利用する場合はなるべくNTTドコモ回線を利用したものを選んだほうがよいでしょう。

カスタマイズレッツノートを購入する

カスタマイズレッツノートはPanasonic Store Plus限定で、量販店頭モデルよりも更に高スペックなCPU、光学ドライブ、メモリなどを搭載可能です。

また、Panasonic Store Plusで購入すると長期の保証が付帯したり、PC買い取りサービス、クリーニングサービス(一部有償)などのメリットがあります。

会員は2000円以上で送料無料です。

カスタマイズレッツノートの詳細はこちら

カスタマイズレッツノートを見る

ボタンをクリックするとPanasonic Store Plusへと移動します

SIMフリーPCと組み合わせたいオススメのSIMカード

ahamo(ドコモ回線)

ahamoは月間データ容量20GBで月額2970円で利用できます。20GBを超えたらいつでも550円で1GB追加できます。

SIMスロットを搭載したノートパソコンにahamoのSIMカード入れて使うのもいいですし、モバイルルーターを購入してahamoのSIMカードを入れて使うのもオススメです。

注意事項

  • ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。
  • 機種購入時には、機種代⾦が別途かかります

ahamo公式サイトはこちら

ahamoの詳細はこちらから

ボタンを押すとahamoへ移動します


  「【2022年】5G/4G(LTE)対応「パナソニック レッツノート」スペック比較・まとめ」をSNSでシェア