まとめ/解説

SIMフリーノートパソコンには大容量SIM「Nomad SIM」がオススメ!

更新日:

SIMフリーノートパソコンやテレワーク・リモートワークには大容量SIMがオススメ!Nomad SIM(ノマドシム)まとめ。

 

Nomad SIM(ノマドシム)について

Nomad SIMは、ソフトバンク回線を使用してサービスを提供しているSIMサービスになります。

格安SIMとは違ってソフトバンク純正回線を使用しています。民泊系SIMとか再販系SIMとか呼ばれています。

サポートは電話は無くメールのみなので、ある程度は自分で対処ができる情報強者用サービスですね。

Nomad SIMの詳細はこちらから!

Nomad SIM公式

Nomad SIMの公式サイトに移動します

Nomad SIMのメリット

  1. ソフトバンクの4G LTE回線を使用している
  2. SIMフリーデバイスに対応。もちろんSIMスロット搭載ノートパソコンでも利用可能
  3. 月間データ容量は100GBまたは300GBで、1日○GB以上使うとダメ~という制限は無い
  4. シンプルな料金プラン
  5. 契約期間の縛りなし
  6. 契約開始月が選べる

Nomad SIMは、①月20GB使えるMINIプラン、②月100GB使えるBASICプラン、③月300GB使えるPROプラン、の3つのプランが提供されています。

1日○GB以上使うと通信制限がかかるということが無く、月間データ容量内であれば通信速度が制限されることはありません。

契約期間の縛りや解約金もありません。

契約開始月が当月か来月か選べる

Nomad SIMは契約開始月を当月か来月か選べるようになっています。

1~25日までの申し込みは当月か来月か選択可能、26日~末日は翌月からのみになります。

SIMの追加も可能

新規申し込み時は1名義1枚になりますが、追加注文することでSIMの複数枚契約ができるようです。

新規の申し込み時は1名義1枚(1台)となります。追加注文したい場合はお問い合わせください。

【追加注文する場合】
顧客ID:
お名前:
追加プラン:
利用希望月:当月 or 翌月
上記4点を記載して、お問い合わせください。

※追加する場合は1枚に付き、事務手数料+初月利用料分がかかります。

 

FAQ

Nomad SIMの詳細はこちらから!

Nomad SIM公式

Nomad SIMの公式サイトに移動します

Nomad SIMのデメリット

  • 月間データ容量を超過すると通信速度制限がある
  • iPhoneではテザリング不可
  • SMSは受信はOK、送信は利用不可
  • 音声通話不可

月間データ容量を超過すると通信速度制限がある

1日あたり○GB以上通信すると速度制限がかかるといったことはありませんが、月間データ容量の100GBまたは300GBを超過すると通信速度制限がかかり、月末まで通信速度が128kbpsになります。

iPhoneではテザリング不可

Nomad SIMではテザリングのオプションなどは用意されていませんが、使用するデバイスによってはテザリングまたは同様の機能が利用できます。

iPhoneやiPadはテザリングを利用できません。

Androidスマホやタブレットは、テザリングまたはポータブルWiFiアクセスポイントの設定で利用できます。

SIMフリーのモバイルルーターとの組み合わせは利用可能です。

SMSは受信はOK、送信は利用不可

SMS受信はできますが、SMS送信は利用不可です。

音声通話不可

Nomad SIMはデータ通信用SIMなので音声通話はできません。

Nomad SIMの詳細はこちらから!

Nomad SIM公式

Nomad SIMの公式サイトに移動します

Noamd SIMのサービス詳細情報

Nomad SIMの料金プラン

Nomad SIMの料金プランは、MINI、BASIC、PROの3つのプランが用意されています。

MINIが月間データ容量20GBで月額2600円、BASICが月間データ容量100GBで月額3600円、PROが月間データ容量300GBで月額4200円です。

なお、プラン変更は可能ですが一旦解約することになります。解約金はかかりませんが、初回の事務手数料3000円はかかるのでよく考えて申し込みましょう。

MINI BASIC PRO
月額料金 月額2600円 月額3600円 月額4200円
月間データ容量 20GB 100GB 300GB
使用回線 Hybrid 4G LTE
契約期間 1ヶ月からOK
対応機種 SIMフリー端末
事務手数料 3000円

 

通信速度は?

  • ダウンロード最大速度187.5Mbps
  • アップロード最大速度37.5Mbps

提供されているSIMサイズ

  • マルチSIM(アダプタ付き)

Nomad SIMでは任意のサイズのカットして使用するマルチSIM(アダプタ付き)が提供されています。

小さいサイズから大きいサイズに変更する場合はアダプタが必要になるので保管してください。アダプタを紛失した場合はSIM再発行手数料3000円が発生します。

対応しているBandは?

  • LTE Band 1
  • LTE Band 3
  • LTE Band 8
  • LTE Band 11
  • LTE Band 28
  • LTE Band 41
  • LTE Band 42
  • 3G Band 1
  • 3G Band 8

Nomad SIMの元はソフトバンク回線なので、対応しているBandもソフトバンク回線のものになります。

対応している支払い方法

クレジットカードとデビットカードに対応しています。

デビットカードの場合は、発行しているお客様の銀行預金口座から引き落とされます。
そのため、毎月1日までにその銀行口座に利用料金分以上の金額が入っていなければ決済できませんのでご注意ください。

・クレジットカード
Visa/Master Card/American Express/JCB/ダイナーズクラブ
・デビットカード
Visa/Master Card/JCB

※プリペイドカードは対応していません。

 

複数のSIMフリーノートパソコンでも動作確認済み

Nomad SIM側の独自調査結果になりますが、複数のSIMフリーノートパソコンでも動作確認が実施されています。

  • Acer
    • C732L-H14M
    • C732LT-F14N
  • ASUS
    • ASUS TransBook T100TAL
  • Dell
    • Latitude 12 7000
    • Latitude 13 7000
    • Inspiron 13 5000
    • Inspiron 14 7000
  • HP
    • HP Elitebook x360 1030 G3
    • HP EliteBook 830 G5
    • HP EliteBook 850 G5
    • HP ProBook 430 G5
    • HP Elite 1013 G3
  • Lenovo
    • ThinkPad X390
    • ThinkPad X1 Carbon
  • Microsoft
    • Surface GO
    • Surface Pro LTE Advanced
  • NEC
    • LAVIE Hybrid ZERO PC-HZ330GAS
    • LAVIE Hybrid ZERO PC-HZ330FAS
    • LAVIE Hybrid ZERO PC-HZ330DAS
  • Panasonic
    • Let’s note SV
  • VAIO
    • VAIO S11
    • VAIO S13
    • VAIO SX12
    • VAIO SX14

Nomad SIMはモバイルルーターのレンタルもできます

Nomad SIMではJT101というモバイルルーターをセットにしたサービスもあります。今ならレンタル費用0円で利用できます。

JT101のスペックは以下の通り。

製品名 JT101
対応バンド 4G LTE : B1/3/5/7/8/41
3G : B1/B8
WiFi仕様 2.4GHz, 802.11n/g/b
同時接続可能台数 10台
最大ダウンロード速度 150Mbps
最大アップロード速度 50Mbps
サイズ 92mm × 58mm × 13mm
重量 90g
SIMタイプ 標準SIM
ディスプレイ 1.44インチ カラーTFT LCD液晶
ディスプレイ表示 SSID・PASS / バッテリー残量 / 4G, WiFi電波状態
ネットワーク共有QRコード / 接続台数
WPS 対応
バッテリー 2700mAh
充電コネクタ MicroUSB
MicroSD スロット 最大32GB
同梱物 専用ケース MicroUSB充電ケーブル

もちろんソフトバンク回線に対応しているので問題なく利用できます。

JT101はレンタル品なので、契約解除後の端末は、解約月の翌月10日までに指定住所へ返却が必要です。

返却期限までに返却がない場合、返却時に故障・破損が見られる場合、以下のレンタル端末一式の返却に欠品がある場合は、機器損害金11,600円(税抜)の支払いが発生するので注意しましょう。

Nomad SIMの詳細はこちらから!

Nomad SIM公式

Nomad SIMの公式サイトに移動します

自分でSIMやスマホを調達するならどうすればいい?

Nomad SIMをSIMカードのみ契約して、スマホやモバイルルーターに挿したい人向けに解説します。

結論から言うと、LTE Band 1, 3, 8, 28に対応しているスマホやモバイルルーターを用意すればOKです。また、公式サイトに対応機種が載ってます。それを見ましょう。

先述しましたがソフトバンクが利用している周波数帯は、

  • LTE Band 1
  • LTE Band 3
  • LTE Band 8
  • LTE Band 11
  • LTE Band 28
  • LTE Band 41
  • LTE Band 42
  • 3G Band 1
  • 3G Band 8

です。

ソフトバンクやワイモバイルから発売されているスマホは、LTE Band 1, 3, 8には絶対に対応しています。

LTE Band 11については、対応しているスマホと対応していないスマホがあります。別に対応していなくても問題ないです。

LTE Band 11に対応していないと通信面でなにか問題があるのであれば絶対に対応させます。対応していないスマホがあるということは、LTE Band 11は別に重要視されていないということです。

LTE Band 28も2017年終わり頃から対応させるようになってきました。

もう一度結論を言いますと、LTE Band 1, 3, 8, 28に対応しているスマホやモバイルルーターを用意すればOKです。

Nomad SIMの詳細はこちらから!

Nomad SIM公式

Nomad SIMの公式サイトに移動します

Nomad SIMのAPN

iPhone/iPad

iPhoneやiPadで利用する場合は、APN構成プロファイルのダウンロードとインストールが必要です。

Androidスマホ・モバイルルーター・ノートパソコン

名前:任意の文字列
APN:plus.4g
ユーザー名:plus
パスワード:4g
認証タイプ:PAP/CHAP
通信方式:IPv4

Nomad SIMの詳細はこちらから!

Nomad SIM公式

Nomad SIMの公式サイトに移動します

  「SIMフリーノートパソコンには大容量SIM「Nomad SIM」がオススメ!」をSNSでシェア

-まとめ/解説

© 2020 SIMフリーPC.net