まとめ/比較

マイクロソフト「Surface Go 2」「Surface Pro X」スペック比較。LTEモデルもあり

更新日:

マイクロソフト「Surface Go 2」「Surface Pro X」スペック比較。LTEモデルもあります。

 

「Surface Go 2」「Surface Pro X」スペック比較

Surfaceシリーズはマイクロソフト社の2in1タブレットです。

タブレット部分のみ販売されており、キーボードは別売りとなっています。キーボードを装着することでノートパソコンのようにつかえる2in1仕様となっています。

「Surface Go 2」は2020年5月12日、「Surface Pro X」は2020年1月14日に発売されました。

Surface Goシリーズは比較的安価で、スペック低めのモデル。Surface Proシリーズは少し高めで、画面が大きいなどスペックがその分高くなっているモデルとなっています。

「Surface Go 2」にはWi-FiモデルとLTEモデルが存在します。「Surface Pro X」はすべてLTEに対応しています。

スペックの違い・比較

Surface Go 2 Surface Pro X
Wi-Fiモデル LTEモデル
発売日 2020年5月12日 2020年1月14日
CPU Intel Pentium Gold 4425Y Intel Core m3-8100Y Microsoft SQ1
ディスプレイ 10.5インチ
解像度: 1920 x 1280
10点マルチタッチ
13インチ
解像度: 2880 x 1920
10点マルチタッチ
メモリ/ストレージ 4GB/eMMC 64GB
8GB/SSD 128GB
8GB/SSD 128GB 8GB/SSD 128GB
8GB/SSD 256GB
16GB/SSD 256GB
16GB/SSD 512GB
フロントカメラ Windows Hello 顔認証
500万画素
Windows Hello 顔認証
500万画素
リアカメラ 800万画素 1000万画素
インターフェース USB Type-C×1
3.5 mm ヘッドフォン ジャック
USB Type-C×2
IEEE 802.11a/b/g/n/ac/ax(Wi-Fi 6) IEEE 802.11 a/b/g/n/ac(WI-Fi 5)
SIMカード - nanoSIM nanoSIM
eSIM
NFC
バッテリー駆動時間 約10時間 約13時間
重さ 544 g 553g 774g
サイズ 245 mm x 175 mm x 8.3 mm 287 mm x 208 mm x 7.3 mm
本体価格(税込)
microsoft直販価格
6万5780円
8万5580円
10万7580円 14万2780円~
対応キーボードカバー Surface Go Type Cover Surface Pro X キーボード

プロセッサの違い

それぞれ、搭載しているプロセッサが異なります。

機種名 プロセッサ 動作周波数 TB利用時の
動作周波数
コア数
スレッド数
Surface Go 2
(Wi-Fiモデル)
Intel Pentium Gold 4425Y 1.70 GHz - 2コア
4スレッド
Surface Go 2
(LTEモデル)
Intel Core m3-8100Y 1.10 GHz 3.40 GHz 2コア
4スレッド
Suface Pro X Microsoft SQ1 3.0 GHz - 8コア
スレッド数不明

Surface Go 2においては、Wi-Fiモデルには Intel Pentium Gold 4425Y、LTEモデルにはIntel Core m3-8100Yが搭載されています。

Suface Pro Xに搭載されているMicrosoft SQ1は特殊で、スマートフォンによく搭載されているSnapdragonを開発しているクアルコムとの共同開発によるプロセッサです。

機種名 プロセッサ Geekbench 5
シングルコアスコア
Geekbench 5
マルチコアスコア
Surface Go 2
(Wi-Fiモデル)
Intel Pentium Gold 4425Y 400前後 950前後
Surface Go 2
(LTEモデル)
Intel Core m3-8100Y 700~800 1500~1600
Suface Pro X Microsoft SQ1 750前後 2500~3000

パソコン用のIntel CPUと、今回専用に開発されたMicrosoft SQ1では正直単純に比較しづらいためベンチマークサイトのスコアを参考にしています。

また、Surface Pro Xに搭載されているMicrosoft SQ1はマイクロソフト独自CPUなので、インテルのCPUだと問題なく起動できるアプリやソフトが起動できない可能性あります。

以下に書いてあることが何のことだか分からず、不安や怖さを感じたらSurface Pro Xを買うのはやめといたほうがいいかもしれません。

ARM ベースの Windows 10 Pc (Surface Pro X など) では、アプリケーションの動作が異なります。次のような制限があります。

  • ハードウェア、ゲーム、アプリのドライバーは、Windows 10 ARM ベースの PC 向けに設計されている場合にのみ機能します。 詳しい情報については、ハードウェアの製造元、またはドライバーを開発した組織に確認してください。 ドライバーは、ハードウェアデバイスと通信するソフトウェアプログラムであり、ウイルス対策ソフトウェアとマルウェア対策ソフトウェア、印刷または PDF ソフトウェア、支援技術、CD と DVD のユーティリティ、および仮想化ソフトウェアで一般的に使用されています。 ドライバーが機能しない場合は、そのドライバーに依存するアプリまたはハードウェアは動作しません (少なくとも完全ではありません)。 周辺機器とデバイスは、依存するドライバーが Windows 10 に組み込まれている場合、またはハードウェアの開発者がデバイス用の ARM64 ドライバーをリリースした場合にのみ機能します。
  • 64 ビット (x64) のアプリは動作しません 64ビット (ARM64) アプリ、32ビット (ARM32) アプリ、または32ビット (x86) アプリが必要です。 通常は、32ビット (x86) バージョンのアプリが見つかりますが、一部のアプリ開発者は、64ビット (x64) アプリのみを提供します。
  • 一部のゲームは動作しません ゲームとアプリは、1.1 よりも大きいバージョンの OpenGL を使用している場合、または Windows 10 ARM ベースの Pc 向けに作成されていない "" クイック実行 "ドライバーに依存している場合には動作しません。 ゲームのパブリッシャーに問い合わせて、ゲームが機能するかどうかを確認します。
  • Windows エクスペリエンスをカスタマイズするアプリに問題が発生する可能性があります。 これには、入力方式エディター (Ime)、支援技術、クラウドストレージアプリなどがあります。 アプリを開発する組織は、アプリが Windows 10 ARM ベースの PC で動作するかどうかを決定します。
  • 一部のサードパーティ製ウイルス対策ソフトウェアをインストールできません Windows 10 ARM ベースの PC でサードパーティ製のウイルス対策ソフトウェアをインストールすることはできません。 ただし、windows セキュリティは、Windows 10 デバイスでサポートされている有効期間の安全性を維持するのに役立ちます。
  • Windows Fax とスキャンは使用できません この機能は、Windows 10 ARM ベースの PC では使用できません。

Surface Pro X アプリの互換性 - Surface | Microsoft Docs

ディスプレイサイズの違い

Surface Go 2は約10.5インチ、解像度は1920×1280です。

Surface Pro Xは約13インチ、解像度は2880×1920です。

どちらもタッチパネルに対応しています。

メモリ/ストレージの違い

ストレージはeMMCドライブ 64GBもしくはSSD 128GB/256GB/512GBが搭載されています。

eMMCドライブとは、SSDよりもコンパクトで消費電力が少なく、安価なノートパソコンなどによく組み込まれているストレージです。

SSDと比べると読み込み・書き込み速度が遅く、HDDよりは早いという感じです。

Surface Go 2(Wi-Fiモデル)は、メモリ4GB/eMMC 64GBもしくはメモリ8GB/SSD 128GBの2つが販売されています。

Surface Go 2(LTEモデル)は、メモリ8GB/SSD 128GBのみが販売されています。

Surface Pro Xは4種類あり、メモリ8GB/SSD 128GB、メモリ8GB/SSD 256GB、メモリ16GB/SSD 256GB、メモリ16GB/SSD 512GBから選択できます。

インターフェース、NFCの違い

Surface Go 2には、USB Type-Cが1つと、3.5mmヘッドホンジャックが搭載されています。NFCは搭載されています。

Surface Pro Xには、USB Type-Cが2つ搭載されており、ヘッドホンジャックは搭載されていません。NFCは搭載されていません。

搭載SIMの違い、対応周波数について

Surface Go 2には、Wi-FiモデルとLTEモデルが存在し、LTEモデルにはSIMスロットが搭載されています。

LTEモデルならば、nanoSIMが1枚搭載可能です。

Surface Pro XはすべてのモデルがLTEに対応しており、SIMスロットも搭載されています。

nanoSIMが1枚と、eSIMに対応しています。

 LTE Band docomo au softbank  Surfaceシリーズ
1
3
8
19
26
28
41

上記は、LTEに対応している場合の対応周波数になります。SIMを契約する際に確認が必要です。

基本的に、docomo系SIMを挿して利用したい場合はBand 1/3/19/21、au系SIMはBand 1/18、softbank系SIMはBand 1/3/8に対応していれば、よほどの田舎でない限り使用中に圏外になることはないと思います。

Band 18には対応していませんが、Band 26が18を内包しているので特に気にしなくて大丈夫です。Band 21も地方都市向けの補助的周波数なので深刻に気にする必要はありません。

対応しているWi-Fiの違い

Surface Go 2は、無線LANの最新規格であるIEEE 802.11a/b/g/n/ac/ax(Wi-Fi 6)に対応しています。

多数のデバイスが接続されているネットワーク上でも、高速で信頼性の高い通信が可能です。

IEEE 802.11a/b/g/n/ac/ax(Wi-Fi 6)について詳しく知りたい方は以下をご覧ください。

Surface Pro Xは、IEEE 802.11 a/b/g/n/ac(WI-Fi 5)に対応しています。

「Surface Go 2」「Surface Pro X」を購入する

Surfaceシリーズは、マイクロソフト公式ストアの他、ビックカメラやAmazonでも販売されています。

Surface Go 2を購入する

Microsoft Storeでの購入はこちら

Amazonでの購入はこちら

ビックカメラでの購入はこちら

Surface Pro Xを購入する

Microsoft Storeでの購入はこちら

Amazonでの購入はこちら

ビックカメラでの購入はこちら

  「マイクロソフト「Surface Go 2」「Surface Pro X」スペック比較。LTEモデルもあり」をSNSでシェア

-まとめ/比較

© 2020 SIMフリーPC.net