ニュース

マイクロソフトよりLTE対応着脱式2in1「Surface Pro X」1月14日発売

マイクロソフトよりLTE対応着脱式2in1「Surface Pro X」が1月14日に発売されます。

 

日本マイクロソフト株式会社は2020年1月7日より着脱式2in1ノートPC「Surface Pro X」を予約開始し、2020年1月14日より販売開始することを発表しました。価格は12万9800円~。

今までのSurfaceは、LTEモデルとして分けて販売されていましたが、Surface Pro XはすべてのモデルがLTEに対応しています。

スペックは以下の通り。

ソフトウェアWindows 10 Home
Office Home & Business 2019
本体サイズ11.3 in x 8.2 in x 0.28 in (287 cm x 208cm x 7.3mm)
重量
(タイプカバーを除く)
774 g
ストレージSSD (ソリッド ステート デバイス) の選択肢: 128GB、256GB、512GB
ディスプレイ画面:13 インチ PixelSense ディスプレイ
解像度: 2880x1920 (267 PPI)
アスペクト比:3:2
タッチ: 10 ポイント マルチタッチ
輝度:450ニット
バッテリー駆動時間最大 13 時間 (通常デバイス使用)
プロセッサMicrosoft SQ1
メモリ8GB または16GB LPDDR4x 3733Mbps の RAM
セキュリティFirmware TPM
Windows Hello 顔認証サインインによるエンタープライズ級の保護
ワイヤレス機能Wi-Fi 5: 802.11 ac 互換
Bluetooth 5.0 ワイヤレス テクノロジ
Qualcomm X24 LTEモデム
nanoSIM および eSIM をサポートする最大ギガビット LTE Advanced Pro4。
サポートされる LTE バンド: 1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 12, 13, 14, 19, 20, 25, 26, 28, 29, 30, 38, 39, 40, 41, 46, 66
アシストされた GPS および GLONASS のサポート
キャリアのロック解除
外部端子2 x USB 3.2 Gen 2 Type C
1 x Surface Connect 接続ポート
Surface キーボードコネクタポート
1 x nano SIM
Surface Dial と互換性あり
カメラ、ビデオ、およびオーディオWindows Hello 顔認証サインイン用カメラ (前面)
5.0MP フロント カメラ (1080p フル HD ビデオ)
10.0MP オートフォーカス機能付きリア カメラ (1080p full HD ビデオ)
デュアル マイク
Dolby Audio を搭載した 2W ステレオスピーカー
グラフィックスMicrosoft SQ1 Adreno 685 GPU

Surface Pro Xは、画面とキーボードが着脱式の2in1ノートパソコンです。

キーボードは別売りで、装着することでノートパソコンのように利用可能です。画面のみでもタブレットのように利用でき、キックスタンドで立てることも可能です。

ディスプレイは13インチ、アスペクト比3:2で、狭ベゼルを採用しています。10点のマルチタッチに対応しています。

メモリは8GBもしくは16GB、ストレージはSSD128GB/256GB/512GBから選択可能です。

搭載されているプロセッサはMicrosoft SQ1で、これはSnapdragonでお馴染みのQualcommと共同開発したArmベースのプロセッサとなっています。

インターフェースはUSB 3.2 Gen2 Type-C×2、Surface Connect接続ポート、Surfaceキーボードコネクターポート。SIMスロットはnanoSIMです。

Windows Helloの顔認証に対応した500万画素の前面カメラを搭載しています。

バッテリー駆動時間は最大13時間、重さは画面のみで774gです。

また、別売りのペンを購入することでペン操作も可能、別売りキーボード「Surface Pro X Signatureキーボード」にはペンを無接点充電できるスペースも搭載されています。

対応周波数はLTE バンド1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 12, 13, 14, 19, 20, 25, 26, 28, 29, 30, 38, 39, 40, 41, 46, 66。

基本的に、docomo系SIMを挿して利用したい場合はBand 1/3/19/21、au系SIMはBand 1/18、softbank系SIMはBand 1/3/8に対応していれば、よほどの田舎でない限り使用中に圏外になることはないと思います。

Surface Pro Xはほとんどの周波数に対応しているので、どの回線のSIMでも問題なく使うことができるでしょう。

Band 18には対応していませんが、Band 26が18を内包しているので特に気にしなくて大丈夫です。Band 21も地方都市向けの補助的周波数なので深刻に気にする必要はありません。

Surface Pro Xの予約・詳細はこちら

【11月4日まで】格安SIMはIIjmioがお得!12GBプランが半年間1280円割引、初期費用1円

大容量オプション月額料金
20GB3100円
30GB5000円
50GB(20GB+30GB)8100円
データ通信専用SIM
月額料金
大容量オプション
+20GB
大容量オプション
+30GB
組み合わせ
+50GB(20GB+30GB)
ミニマムスタートプラン
(3GB)
900円計23GB4000円計33GB5900円計53GB9000円
ライトスタートプラン
(6GB)
1520円計26GB4620円計36GB6520円計56GB9620円
ファミリーシェアプラン
(12GB)
2560円
→1280円
計32GB5660円
→4380円
計42GB7560円
→6280円
計62GB1万660円
→9380円

IIJmioのデータ通信専用SIMは、NTTドコモ回線のみ。

通常料金だと最大12GBですが、大容量オプションを追加、もしくは組み合わせることで20GB/30GB/50GBを増やすことができます。単体での利用はできません。必ず通常料金+オプション料金になります。

2020年11月4日までの期間中は、ファミリーシェアプランを契約した場合に限り、6ヶ月間1280円割引されるキャンペーンが実施中です!

また、初期費用3000円が1円になるキャンペーンも実施中です。

ファミリーシェアプランの割引キャンペーン、初期費用1円キャンペーンの詳細については以下の記事でまとめています。

IIJmio公式サイトはこちら

IIJmioの詳細はこちらから

ボタンを押すとIIJmioタイアップキャンペーンページへ移動します

  「マイクロソフトよりLTE対応着脱式2in1「Surface Pro X」1月14日発売」をSNSでシェア

© 2020 SIMフリーPC.net