ThinkPadシリーズ まとめ/比較

5G/4G対応!Lenovo ThinkPad X1 Nano 対応周波数・スペックまとめ

 発売時期 : 2020年12月

Lenovoの5G/4G対応軽量ノートPC「ThinkPad X1 Nano」が対応しているスペックをまとめています。

 

ThinkPad X1 Nanoスペック

初期導入済OSWindows 10 Pro 64bit
その他のエディション選択可能
プロセッサーインテル Core i7-1160G7 プロセッサー
インテル Core i5-1130G7 プロセッサー
最大メモリー容量最大16GB( LPDDR4X)
最大搭載メモリー数(スロット数)0(オンボード)
HDDタイプSSD
光学ドライブタイプなし
ビデオ・チップCPU内蔵(インテル Iris Xe グラフィックス)
ディスプレイLEDバックライト付
13.0型 2K IPS液晶
(2160x1350ドット、1,677万色以上、16:10)
光沢なし
インターフェースマイクロフォン・ヘッドフォンコンボジャック
USB Type-C 3.1 Gen2 x 2 (Thunderbolt4 対応)
Wi-Fiインテル Wi-Fi 6 AX200 a/b/g/n/ac/ax
内蔵カメラHD 720P+IR カメラ、ThinkShutter付き
ポインティング・デバイスTrackPoint+ThinkPadクリックパッド
本体寸法 (幅×奥行き×高さ)約 292.8x207.7x13.87mm
質量(バッテリー・パック、を含む)約 907g~
バッテリー・パック3セル リチウムイオンバッテリー(固定式)
バッテリー駆動時間最大 約22.8時間
SIMnanoSIM

ThinkPad X1 Nanoの詳細はこちら

ThinkPad X1 Nano

ボタンをクリックするとLenovo公式オンラインストアへと移動します

ThinkPad X1 Nanoは重さ1kgを切る軽量モバイルノートPCです。

CPUにはCore i7-1160G7もしくはCore i5-1130G7、メモリ8GBもしくは16GBが搭載されています。

13.0型、2K(2160x1350)のIPS液晶ディスプレイを搭載しています。タッチパネルは対応していません。

最新のWi-Fi規格、Wi-Fi 6に対応しています。多数のデバイスが接続されているネットワーク上でも、高速で信頼性の高い通信が可能です。

詳しく知りたい人はこちらから。

重さは907g~と非常に軽量です。バッテリー駆動時間は最大約22.8時間と長時間駆動が可能となっています。

搭載されているインターフェース

インターフェースには、

  1. マイクロフォン/ヘッドフォン・コンボ・ジャック
  2. USB Type-C 3.1 Gen 2(TBT)
  3. USB Type-C 3.1 Gen 2(TBT)
  4. 電源ボタン

が搭載されています。

ThinkPad X1 Nanoの詳細はこちら

ThinkPad X1 Nano

ボタンをクリックするとLenovo公式オンラインストアへと移動します

ThinkPad X1 Nanoで搭載できるCPUについて

ThinkPad X1 Nanoは以下のCPUを搭載しています。カスタマイズなどはありません。

プロセッサTB利用時の
動作周波数
コア数
スレッド数
Core i7-1160G74.40 GHz4コア
8スレッド
Core i5-1130G74.00 GHz4コア
8スレッド

グラフィックスにはインテル Iris Xe グラフィックスを搭載

グラフィックスにはインテル Iris Xe グラフィックスを内蔵しています。

通常のIntel CPUに内蔵されているインテルUHDグラフィックスなどよりもグラフィックス性能が上になっています。

インテル® Iris® Xe グラフィックスとインテル Iris® Plus グラフィックス

ThinkPad X1 Nanoのメモリについて

ThinkPad X1 Nanoのメモリは最大16GBを搭載しています。

メモリはオンボード(ノートパソコンの基盤に直接はんだ付け)なので、交換することはできません。

ThinkPad X1 NanoのSSDについて

ThinkPad X1 NanoはM.2 SSDを搭載しています。最大で1TBのM.2 SSDを1台まで搭載できます。

5G/4G対応周波数について

ThinkPad X1 Nanoは5G通信に対応している通信モジュールを搭載することができます。

搭載できるモジュールは2種類あり、5G/4Gに対応しているQualcomm Snapdragon X55 5Gと、4Gに対応しているFibocom L850-GL LTE CAT9を選ぶことができます。

ここで選択を間違えると5Gが使えない!なんてことになるので気をつけてください。

赤字で書かれてる金額の変化、というのはなぜだか選択には当てはまっていないので金額で選ぶのは危ないかと思います。通信モジュール(WWAN)で選びましょう。

Qualcomm Snapdragon X55 5G選択時

Qualcomm Snapdragon X55 5Gを選ぶと5G対応になります。もちろん4Gも利用できます。

基本的にまんべんなく対応しているので、どのキャリアの回線を選んでも確実に利用できます。

5G BanddocomoausoftbankThinkPad X1 Nano
n77
n78
n79
4G LTE BanddocomoausoftbankThinkPad X1 Nano
1
3
8
18
19
26
28

Fibocom L850-GL LTE CAT9選択時

Fibocom L850-GL LTE CAT9を選ぶと4G対応になります。5Gには対応しません。

対応している周波数は以下の通り。

4G LTE BanddocomoausoftbankThinkPad X1 Nano
1
3
8
18
19
21
26
28
41

搭載できるSIMカード

対応SIMカードは「nanoSIM」です。標準SIMやmicroSIMは利用できません。

ThinkPad X1 Nanoを購入

Lenovo直販ではほぼ常にクーポンが配信されており、クーポンを適用することでどこよりも安く購入できます。

レノボ公式オンラインストアは注文金額にかかわらず日本全国送料無料。

ThinkPad X1 Nanoの詳細はこちら

ThinkPad X1 Nano

ボタンをクリックするとLenovo公式オンラインストアへと移動します

【2月3日まで】IIjmioが半年間400円割引、初期費用1円

大容量オプション月額料金
20GB3100円
30GB5000円
50GB(20GB+30GB)8100円
データ通信専用SIM
月額料金
大容量オプション
+20GB
大容量オプション
+30GB
組み合わせ
+50GB(20GB+30GB)
ミニマムスタートプラン
(3GB)
900円
→500円
計23GB4000円
→3500円
計33GB5900円
→5400円
計53GB9000円
→8600円
ライトスタートプラン
(6GB)
1520円
→1120円
計26GB4620円
→4220円
計36GB6520円
→6120円
計56GB9620円
→9220円
ファミリーシェアプラン
(12GB)
2560円
→2160円
計32GB5660円
→5260円
計42GB7560円
→7160円
計62GB1万660円
→1万260円

IIJmioのデータ通信専用SIMは、ドコモ回線と、au回線のみ。

通常料金だと最大12GBですが、大容量オプションを追加、もしくは組み合わせることで20GB/30GB/50GBを増やすことができます。単体での利用はできません。必ず通常料金+オプション料金になります。

2021年2月3日までの期間中は、IIJmioのデータSIMの対象プランが6ヶ月間400円割引されるキャンペーンが実施中です。

また、初期費用3000円が1円になるキャンペーンも実施中です。

音声通話SIMであればさらに700円割引され、6ヶ月間はデータSIMと月額料金が変わりません。

音声SIMファミリーシェアプランを契約した場合、2枚目と3枚目のSIMの月額料金が6ヶ月間無料になるキャンペーンも実施しています。

割引キャンペーン、初期費用1円キャンペーンの詳細については以下の記事でまとめています。

IIJmio公式サイトはこちら

IIJmioの詳細はこちらから

ボタンを押すとIIJmioタイアップキャンペーンページへ移動します

  「5G/4G対応!Lenovo ThinkPad X1 Nano 対応周波数・スペックまとめ」をSNSでシェア

© 2021 SIMフリーPC.net