2-in-1タブレット Let's noteシリーズ まとめ/比較

5G対応!Lenovo ThinkPad X1 Fold スペックまとめ

 発売時期 : 2020年10月

Lenovoの5G対応ディスプレイ折りたたみ式のモバイルPC「ThinkPad X1 Fold」が対応しているスペックをまとめています。

 

ThinkPad X1 Foldスペック

初期導入済OSWindows 10 Pro 64bit
その他のエディション選択可能
プロセッサーインテルCore i5-L16G7 プロセッサー
最大メモリー容量8GB(LPDDR4X)
最大搭載メモリー数(スロット数)0(オンボード)
HDDタイプSSD
光学ドライブタイプなし
ディスプレイ折りたたみ式
13.3型 QXGA OLED (有機 EL ディスプレイ) (2048x1536)
マルチタッチ対応(10点)
インターフェースタブレット本体: USB Type-C 3.1 Gen 2 x 2 (Video-out対応)
ミニキーボード: micro USB x1(キーボード充電用)
BluetoothBluetooth v5.0
Wi-Fiインテル Wi-Fi 6 AX200 a/b/g/n/ac/ax
内蔵カメラ前面:500万画素、IRカメラ
ポインティング・デバイスタッチパッド
本体寸法 (幅×奥行き×高さ)約 299.4x236x11.5mm(ランドスケープモード時)
約 158.2x236x27.8mm(折りたたみ時)
質量(バッテリー・パック、を含む)タブレット本体: 約 973g~
キーボード:178g
バッテリー・パック4セル リチウムイオンバッテリー(固定式)
バッテリー駆動時間最大 約 11.7時間
SIMnanoSIM

ThinkPad X1 Foldの詳細はこちら

ThinkPad X1 Fold

ボタンをクリックするとLenovo公式オンラインストアへと移動します

ThinkPad X1 Foldはディスプレイが折りたたみ式のモバイルPCです。

CPUにはCore i5-L16G7、メモリ8GBが搭載されています。

13.3型、QXGA(2048x1536)の有機ELディスプレイは折りたたむことが可能となっており、タッチパネルも搭載しています。

付属のミニキーボードを利用することで通常のモバイルPCとして使うこともできますし、タブレット本体のみで折りたたんで電子書籍など、広げて通常のタブレットのようになど様々な利用方法があります。

折り畳んだ片方のディスプレイ上に付属のミニキーボードを載せて利用することも可能です。ペン入力も対応していますが、ペンは付属していません。

タブレット部の折りたたみディスプレイは、2画面を横並びで配置することも可能です。付属の物理ミニキーボードを利用せずとも、タブレット部のみでオンスクリーンキーボードを利用することもできます。

タブレット部の裏側には専用の革製カバーが装着されており、キックスタンドにもなります。

前面のみ500万画素のwebカメラが搭載されており、IRカメラとなっています。指紋センサーなどは搭載されていません。

最新のWi-Fi規格、Wi-Fi 6に対応しています。多数のデバイスが接続されているネットワーク上でも、高速で信頼性の高い通信が可能です。

詳しく知りたい人はこちらから。

重さはタブレット部が約973g、キーボードが約178gとなっています。バッテリー駆動時間は最大約11.7時間となっています。

折りたたむと非常にコンパクトな大きさになるため、持ち運びがしやすいでしょう。

搭載されているインターフェース

インターフェースには、

  1. USB Type-C 3.1 Gen 2×2
  2. 2 . SIM カードスロット

が搭載されています。

ThinkPad X1 Foldの詳細はこちら

ThinkPad X1 Fold

ボタンをクリックするとLenovo公式オンラインストアへと移動します

ThinkPad X1 Foldで搭載できるCPUについて

ThinkPad X1 Foldは以下のCPUを搭載しています。カスタマイズなどはありません。

プロセッサ動作周波数TB利用時の
動作周波数
コア数
スレッド数
Core i5-L16G71.40 GHz3.00 GHz5コア
5スレッド

ThinkPad X1 Foldのメモリについて

ThinkPad X1 Foldのメモリは8GBを搭載しています。

メモリはオンボード(ノートパソコンの基盤に直接はんだ付け)なので、交換することはできません。

ThinkPad X1 FoldのSSDについて

ThinkPad X1 FoldはM.2 SSDを搭載しています。最大で1TBのM.2 SSDを2台まで搭載できます。

5Gに対応しています

ThinkPad X1 Foldは5G通信に対応しています。搭載しているモジュールはQualcomm Snapdragon X55 5G。

5GではSub6とミリ波に対応しています。

4G/LTEにも対応していますが、詳細な対応周波数が見つからなかったため、わかりしだい追記します。

搭載できるSIMカード

対応SIMカードは「nanoSIM」です。標準SIMやmicroSIMは利用できません。

ThinkPad X1 Foldを購入

Lenovo直販ではほぼ常にクーポンが配信されており、クーポンを適用することでどこよりも安く購入できます。

レノボ公式オンラインストアは注文金額にかかわらず日本全国送料無料。

ThinkPad X1 Foldの詳細はこちら

ThinkPad X1 Fold

ボタンをクリックするとLenovo公式オンラインストアへと移動します

【11月30日まで】格安SIMはIIjmioがお得!12GBプランが半年間1280円割引、初期費用1円

大容量オプション月額料金
20GB3100円
30GB5000円
50GB(20GB+30GB)8100円
データ通信専用SIM
月額料金
大容量オプション
+20GB
大容量オプション
+30GB
組み合わせ
+50GB(20GB+30GB)
ミニマムスタートプラン
(3GB)
900円計23GB4000円計33GB5900円計53GB9000円
ライトスタートプラン
(6GB)
1520円計26GB4620円計36GB6520円計56GB9620円
ファミリーシェアプラン
(12GB)
2560円
→1280円
計32GB5660円
→4380円
計42GB7560円
→6280円
計62GB1万660円
→9380円

IIJmioのデータ通信専用SIMは、NTTドコモ回線のみ。

通常料金だと最大12GBですが、大容量オプションを追加、もしくは組み合わせることで20GB/30GB/50GBを増やすことができます。単体での利用はできません。必ず通常料金+オプション料金になります。

2020年11月30日までの期間中は、ファミリーシェアプランを契約した場合に限り、6ヶ月間1280円割引されるキャンペーンが実施中です!

また、初期費用3000円が1円になるキャンペーンも実施中です。

ファミリーシェアプランの割引キャンペーン、初期費用1円キャンペーンの詳細については以下の記事でまとめています。

IIJmio公式サイトはこちら

IIJmioの詳細はこちらから

ボタンを押すとIIJmioタイアップキャンペーンページへ移動します

  「5G対応!Lenovo ThinkPad X1 Fold スペックまとめ」をSNSでシェア

© 2020 SIMフリーPC.net