ThinkPadシリーズ まとめ/比較

5G/4G対応 Lenovo ThinkPad X1 Extreme Gen 5 スペックまとめ

 発売時期 : 2022年06月

Lenovoの5G/4G対応ノートPC「ThinkPad X1 Extreme Gen 5」が対応しているスペックをまとめています。

 

ThinkPad X1 Extreme Gen 5スペック

レノボ・ジャパン公式直販で販売されているSIMフリーモデルについてまとめています。スペックは時期によって選択できない場合があります。

初期導入済OSWindows 11 Pro 64bit (日本語版)
プロセッサーインテル Core i9-12900H vPro プロセッサー
インテル Core i7-12800H vPro プロセッサー
インテル Core i7-12700H プロセッサー
最大メモリー容量スロット: 8GB/16GB/32GB
最大64GB(DDR4)
最大搭載メモリー数(スロット数)2
HDDタイプ256GB/512GB/1TB/2TB/4TB SSD
光学ドライブタイプなし
ビデオチップNVIDIA GeForce RTX 3080 Ti
NVIDIA GeForce RTX 3070 Ti
NVIDIA GeForce RTX 3060 Ti
NVIDIA GeForce RTX 3050 Ti
ディスプレイLED バックライト付
16.0型 WQUXGA IPS液晶 (3840x2400)
マルチタッチ対応(10点)、ブルーライト軽減
LED バックライト付
16.0型 WQUXGA IPS液晶 (3840x2400)
ブルーライト軽減、光沢なし
LED バックライト付
16.0型 WQXGA IPS液晶 (2560x1600)
ブルーライト軽減、光沢なし
LED バックライト付
16.0型 WUXGA IPS液晶 (1920 x 1200)
光沢なし
インターフェースUSB 4 (Thunderbolt4 対応) x 2
USB 3.2 Gen1 (Powered USB) x 1
USB 3.2 Gen1 x 1
HDMI
マイクロフォン/ヘッドフォン・コンボ・ジャック
ワイヤレスWAN対応(5G Cat.20)
Bluetoothv5.2
Wi-FiWi-Fi 6E対応 (IEEE802.11ax/ac/a/b/g/n準拠)
(日本でWi-Fi 6Eは使用不可)
カメラインカメラ: プライバシーシャッター付き
FHD 1080p RGB+IR Hybrid Webカメラ
本体寸法 (幅×奥行き×高さ)約 359.5x253.8x17.9mm
質量(バッテリー・パック、を含む)約1.88kg~
バッテリー・パック固定式 4セル リチウムイオンポリマーバッテリー 90Whr
バッテリー駆動時間測定中
SIMnanoSIM

ThinkPad X1 Extreme Gen 5の詳細はこちら

ThinkPad X1 Extreme Gen 5

ボタンをクリックするとLenovo公式オンラインストアへと移動します

ThinkPad X1 Extreme Gen 5は重さが約1.88kg~。高スペックなノートパソコンです。

ディスプレイは16型、IPS液晶の解像度WQUXGA(3840x2400ドット)を選択可能です。タッチ操作に対応しているものも選べます。

最上位モデルではCPUにCore i9-12900H vProプロセッサー、メモリは最大64GBが搭載可能、ストレージには最大4TBのSSDが搭載可能となっています。

カメラ部分には、プライバシー保護やセキュリティ対策に有効な開閉式カメラカバーThinkShutterも搭載されています。

搭載されているインターフェース

インターフェースには、

  1. SDカードスロット
  2. USB 3.2
  3. USB 3.2
  4. セキュリティ キーホール
  5. 電源コネクタ
  6. Thunderbolt 4
  7. HDMI
  8. コンボジャック

が搭載されています。

ThinkPad X1 Extreme Gen 5の詳細はこちら

ThinkPad X1 Extreme Gen 5

ボタンをクリックするとLenovo公式オンラインストアへと移動します

ThinkPad X1 Extreme Gen 5で搭載できるCPUについて

ThinkPad X1 Extreme Gen 5は以下のいずれかのCPUを搭載しています。

プロセッサTB利用時の
動作周波数
コア数
スレッド数
vPro対応
Core i9-12900H5.00 GHz14コア
20スレッド
Core i7-12800H4.80 GHz14コア
20スレッド
Core i7-12700H4.70 GHz14コア
20スレッド
-

一部のCPUはvProに対応しています。

OSが起動していないPCでも遠隔操作ができるなど、企業内でリモート管理などをする際に役立ちます。

インテル®_vPro®_プラットフォームとは | Intel Japan

グラフィックスにはNVIDIA GeForce RTX 3080 Tiを搭載可能

グラフィックスには最上位モデルではNVIDIA GeForce RTX 3080 Tiを搭載することができます。

ゲームや動画編集などのグラフィックを必要とする操作も楽々動かせるでしょう。

ディスプレイは14型、WQUXGAなどが選択可能。タッチパネルも搭載可能

ディスプレイは14型で、解像度がWQUXGA, WQXGA, WUXGAから選ぶことができます。

WQUXGAはマルチタッチに対応しているものも選択することができます。

アスペクト比が16:10

他機種のノートパソコンにおけるアスペクト比は16:9がほとんどです。

しかしLenovoでは多くの機種が16:10となっています。

16:9と比べ縦方向に表示領域が増えることで、より利用しやすくなります。

ThinkPad X1 Extreme Gen 5のメモリについて

ThinkPad X1 Extreme Gen 5のメモリは最大64GBを搭載可能です。

メモリは2スロット搭載されており、自分での交換も可能です。8GB/16GB/32GB/64GBから選択できます。

ThinkPad X1 Extreme Gen 5のSSDについて

ThinkPad X1 Extreme Gen 5はM.2 SSDを搭載しています。最大で4TBのM.2 SSDを搭載できます。

顔認証・指紋認証に対応可能

インカメラはFHDの1080pが搭載可能です。顔認証に対応しています。

また、指紋センサーを搭載させれば、指紋認証にも対応させることができます。

最新のWi-Fi規格 Wi-Fi 6に対応

最新のWi-Fi規格、Wi-Fi 6に対応しています。多数のデバイスが接続されているネットワーク上でも、高速で信頼性の高い通信が可能です。

性能的にはWi-Fi 6Eに対応していますが、日本では利用することができません。

詳しく知りたい人はこちらから。

5G/4G対応周波数について

ThinkPad X1 Extreme Gen 5は5G通信に対応している通信モジュールを搭載することができます。

搭載できるモジュールは2種類あり、5G/4Gに対応しているFibocom FM350-GL 5G SUB6 Modemを選ぶことができます。

ここで選択しないと5Gが使えない!なんてことになるので気をつけてください。

Fibocom FM350-GL 5G SUB6 Modem選択時

Fibocom FM350-GL 5G SUB6 Modemを選ぶと5G対応になります。もちろん4Gも利用できます。

基本的にまんべんなく対応しているので、どのキャリアの回線を選んでも確実に利用できます。

5G Banddocomoausoftbank楽天ThinkPad X1 Extreme Gen 5
n77
n78
n79
4G LTE Banddocomoausoftbank楽天ThinkPad X1 Extreme Gen 5
1
3
8
18
19
21
26
28
41
42

搭載できるSIMカード

対応SIMカードは「nanoSIM」です。標準SIMやmicroSIMは利用できません。

他の5G/4Gに対応しているThinkPadシリーズはこちら

5G/4G対応「Lenovo ThinkPadシリーズ」対応周波数・スペック比較/まとめ】をご覧ください!

ThinkPad X1 Extreme Gen 5を購入

Lenovo直販ではほぼ常にクーポンが配信されており、クーポンを適用することでどこよりも安く購入できます。

レノボ公式オンラインストアは注文金額にかかわらず日本全国送料無料です。

ThinkPad X1 Extreme Gen 5の詳細はこちら

ThinkPad X1 Extreme Gen 5

ボタンをクリックするとLenovo公式オンラインストアへと移動します

SIMフリーPCと組み合わせたいオススメのSIMカード

ahamo(ドコモ回線)

 容量月額料金
ahamo20GB2970円
大盛りオプション80GB1980円

ahamoは月間データ容量20GBで月額2970円で利用できます。20GBを超えたらいつでも550円で1GB追加できます。

大盛りオプションでは、80GBを月額1980円で追加することが可能です。合計100GB、月額4950円で利用できます。

SIMスロットを搭載したノートパソコンにahamoのSIMカード入れて使うのもいいですし、モバイルルーターを購入してahamoのSIMカードを入れて使うのもオススメです。

注意事項

  • ahamoでは、⼀部ご利⽤できないサービスがあります
  • ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです
  • 機種購入時には、機種代⾦が別途かかります
  • サイトメンテナンス中など、受付できない場合がございます
  • ご利⽤端末がドコモで提供している通信⽅式とは異なる通信⽅式のみに対応している機種の場合、
    また SIMロック解除がなされていない場合についてはahamoをご利⽤いただくことはできません
    ご利⽤中の機種が 対応しているかはahamoサイトにてご確認ください

ahamo公式サイトはこちら

ahamoの詳細はこちらから

ボタンを押すとahamoへ移動します


  「5G/4G対応 Lenovo ThinkPad X1 Extreme Gen 5 スペックまとめ」をSNSでシェア