ThinkPadシリーズ まとめ/比較

Lenovo「ThinkPad X1 Yoga(2018)」4G LTE対応周波数・スペックまとめ

投稿日:2019年1月28日 更新日:

Lenovoの2in1モバイルノートパソコン「ThinkPad X1 Yoga(2018)」が対応している4G LTE周波数とスペックをまとめています。

 

LTEモジュールが選択可能に

直販モデルでは「パフォーマンス」「プレミアム」など様々な構成が用意されていますが、カスタマイズ前の画面ではWWANが搭載できるか分からないようになっています。カスタマイズ前の画面で「WWANなし」と表示されていても大抵は搭載できます。

非常に面倒ですが、カスタマイズ画面でWWANが搭載できるかを確認しましょう。しかしながら、構成によってはWWANが選択できない可能性があります。その場合は構成を見直してみましょう。

ThinkPad X1 Yoga(2018)の購入はこちら

LTE対応周波数

 LTE Band docomo au softbank ThinkPad X1 Yoga(2018)
1
3
8
18
19
26
28
41

基本的に、docomo系SIMを挿して利用したい場合はBand 1/3/19/21、au系SIMはBand 1/18、softbank系SIMはBand 1/3/8に対応していれば、よほどの田舎でない限り使用中に圏外になることはないと思います。

ThinkPad X1 Yoga(2018)はBand 21に対応していませんが、Band 21は地方都市向けの速度補助的なLTE帯なのでそこまで深刻に気にする必要はないでしょう。

搭載できるSIMカード

対応SIMカードは「nanoSIM」です。標準SIMやmicroSIMは利用できません。

ThinkPad X1 Yoga(2018)スペック

初期導入済OS
Windows 10 Pro 64bit
プロセッサー
第8世代、第7世代インテルCore プロセッサー
最大メモリー容量
最大16GB(LPDDR3 SDRAM)
HDDタイプ 最大1TB SSD(さらに高速なNVMe 選択可能)
光学ドライブタイプ
なし
ビデオ・チップ
CPU内蔵(インテル HD グラフィックス 620)
CPU内蔵(インテル UHD グラフィックス 620)
ディスプレイ LEDバックライト付 14.0型 HDR WQHD
IPS液晶 (2560 x 1440) マルチタッチパネル(10点)
LED バックライト付 14.0型 WQHD
IPS液晶 (2560 x 1440) マルチタッチパネル(10点)
LED バックライト付 14.0型 FHD
IPS液晶 (1920 x 1080) マルチタッチパネル(10点)
インターフェース
(ポート)
HDMI x 1、マイクロフォン・ヘッドフォンコンボジャック
イーサネット拡張コネクター x 1
インターフェース
(USBポート)
USB 3.0 x 2 (内、 Powered USB 3.0 x 1)
USB Type-C x 2(DC-in、Thunderbolt3、Video-out機能付き)
ワイヤレス インテル Dual Band Wireless-AC 8265 ac/a/b/g/n
インテル Tri-Band Wireless-AC 18265
Bluetooth
Bluetooth v4.1
内蔵カメラ
HD 720p カメラ、ThinkShutter付
HD 720p カメラ+IRカメラ
カードスロット
microSDメディアカードリーダー
指紋センサー
あり
ポインティング・デバイス
TrackPoint+ThinkPadクリックパッド
本体寸法
(幅×奥行き×高さ)
約 333 x 229 x 17.05mm
質量
(バッテリー・パック、を含む)
約 1.42kg
バッテリー・パック
4セル リチウムイオンバッテリー(固定式)
バッテリー駆動時間
最大 約16.3時間
SIM
nanoSIM

ThinkPad X1 Yoga(2018)はディスプレイが360度回転する14型ウルトラスリムモバイルノートブック。

ラップトップモード、タブレットモード、テントモード、スタンドモードと、場合に適したモードを使い分けることが可能です。キーボードにも変化があり、タブレットモード時にはキートップが沈むことでキーボード面がフラットになり、キーがロックされます。これはふたを閉じたときにも適用。ペンも付属しています。

最上位モデルではCPUにCore i7-8650U、メモリは最大16GBが搭載可能。

有線LANポートはついていないので、別売りのドングル(イーサネット拡張コネクタ)が必要です。前面カメラには、使わない場合にカメラ部分を隠しておける「ThinkShutter」というスライドカバーがあるものも選べるのですが、こちらにすると顔認証のためのIRカメラが搭載できないので注意。

前世代のThinkPad X1 Yoga(2017)と比べ、バッテリー使用時間は最大15.6時間→16.3時間へと向上しました。

インターフェースには、USB Type-C×2(1つはThunderbolt 3対応)、USB 3.1 Gen1×1(1つはPowered USB対応)、HDMI×1、イーサネット拡張コネクター2、マイクロフォン/ヘッドフォン・コンボ・ジャックを搭載しています。

別売りのThinkPad USB Type-CドックをつなげることでDisplay Port、HDMI、USB、ギガビットイーサネット、マイクジャック、セキュリティーキーホールなどを生やすことができます。これにより有線LAN接続をしたり、モニタを接続したり、他モバイル機器に給電するなどが可能。

他、別売りのThinkPadドッキングステーションも似たようなことが可能。こちらはThinkPadを載せるだけで接続できます。

ThinkPad ドッキングステーション | レノボジャパン

 

他の4G LTEに対応しているThinkPadシリーズについては【4G LTE対応「Lenovo ThinkPadシリーズ」対応周波数・スペック比較/まとめ】をご覧ください!

ThinkPad X1 Yoga(2018)はこんな人にオススメ!

  • 【社内では】ペーパーレス化が進んでいて、日々オフィス内で持ち運んでいる人
  • 【社外では】月1回~週1回程度、自宅でテレワークをしている人

ThinkPad X1 Yoga(2018)で搭載できるCPUについて

ThinkPad X1 Yoga(2018)は以下のCPUのどれかを搭載可能。選んだモデルによっては一部のCPUを選択できないようになっています。

プロセッサ 動作周波数 TB利用時の
動作周波数
コア数
スレッド数
Core i7-8650U 1.9GHz 4.2GHz 4コア
8スレッド
Core i7-8550U 1.8GHz 4.0GHz 4コア
8スレッド
Core i5-8350U 1.7GHz 3.6GHz 4コア
8スレッド
Core i5-8250U 1.6GHz 3.4GHz 4コア
8スレッド
Core i5-7300U 2.6GHz 3.5GHz 2コア
4スレッド

Core i5-7300U以外、コア数スレッド数は同じなので、あとは動作周波数やターボ・ブースト利用時の動作周波数でどれにするか決めましょう。

Core i5-8350U、Core i7-8550Uあたりが良さそうです。CPUをグレードアップするかどうかは自分の財布と相談してください。

ThinkPad X1 Yoga(2018)のメモリについて

ThinkPad X1 Yoga(2018)のメモリは8GBまたは16GBです。

メモリスロットは1つしか搭載していないので、後から同じ容量のメモリを増設してメモリ2枚でデュアルチャネル動作させることはできません。

ThinkPad X1 Yoga(2018)のSSDについて

ThinkPad X1 Yoga(2018)はM.2 SSDを搭載しています。最大で1TBのM.2 SSDを搭載できます。

ThinkPad X1 Yoga(2018)を購入

Lenovo直販ではフルカスタマイズができ、ある程度の範囲で好きな構成で購入することが可能です。

ほぼ常にクーポンが配信されており、クーポンを適用することでどこよりも安く購入できます。

レノボ公式オンラインストアは注文金額にかかわらず日本全国送料無料。

ThinkPad X1 Yoga(2018)の購入はレノボ公式オンラインストアから!

ThinkPad X1 Yoga(2018)の購入はこちら

格安SIMはIIjmioがお得!初期費用1円、12GBプランが半年間1000円割引

大容量オプション 月額料金
20GB 3100円
30GB 5000円
50GB(20GB+30GB) 8100円
データ通信専用SIM
月額料金
大容量オプション
+20GB
大容量オプション
+30GB
組み合わせ
+50GB(20GB+30GB)
ミニマムスタートプラン
(3GB)
900円 計23GB 4000円 計33GB 5900円 計53GB 9000円
ライトスタートプラン
(6GB)
1520円 計26GB 4620円 計36GB 6520円 計56GB 9620円
ファミリーシェアプラン
(12GB)
2560円
→1560円
計32GB 5660円
→4660円
計42GB 7560円
→6560円
計62GB 1万660円
→9660円

IIJmioのデータ通信専用SIMは、NTTドコモ回線のみ。

通常料金だと最大12GBですが、大容量オプションを追加、もしくは組み合わせることで20GB/30GB/50GBを増やすことができます。単体での利用はできません。必ず通常料金+オプション料金になります。

2019年12月6日からは、終了日未定でファミリーシェアプランを契約した場合に限り、6ヶ月間1000円割引されるキャンペーンが実施中です!

また、2020年1月29日までの期間、初期費用3000円が1円になるキャンペーンも実施中です。

ファミリーシェアプランの割引キャンペーン詳細については以下の記事でまとめています。

IIJmioの申し込みはこちら

  「Lenovo「ThinkPad X1 Yoga(2018)」4G LTE対応周波数・スペックまとめ」をSNSでシェア

-ThinkPadシリーズ, まとめ/比較

Copyright© SIMフリーPC.net , 2020 All Rights Reserved.