ニュース

Lenovoより「ThinkPad X1 Carbon」の第7世代、2019年モデルが発売

Lenovoより「ThinkPad X1 Carbon」の第7世代である2019年モデルが発売されます。

 

レノボ・ジャパン株式会社は2019年6月25日、第7世代の「ThinkPad X1 Carbon(2019)」を発売しました。レノボオンラインショッピングでは2019年6月28日より販売開始予定。直販価格は25万5960円~。

スペックは以下の通り。

初期導入済OSWindows 10 Home 64bit
プロセッサー第8世代 インテルCore プロセッサ
最大メモリー容量最大16GB(LPDDR3 SDRAM)
HDDタイプ最大2TB SSD
光学ドライブタイプなし
ビデオ・チップCPU内蔵(インテル UHD グラフィックス 620)
ディスプレイLED バックライト付
14.0型 UHD DOLBY Vision IPS液晶 (3840 x 2160)
LED バックライト付
14.0型 WQHD IPS液晶 (2560 x 1440)
光沢なし
LED バックライト付
14.0型 FHD IPS液晶 (1920 x 1080)
光沢なし、ThinkPad Privacy Guard
LED バックライト付
14.0型 FHD IPS液晶 (1920 x 1080)
マルチタッチ対応(10点)、光沢なし
LED バックライト付
14.0型 FHD IPS 液晶 (1920 x 1080)
光沢なし
インターフェースUSB Type-C 3.1 Gen2×2(内、Powered USB x 1)
USB 3.1 Gen1×2(Thunderbolt3 対応)
HDMI×1
マイクロフォン/ヘッドフォン・コンボ・ジャック
イーサネット拡張コネクター2
ワイヤレスインテル Wireless-AC 9560 a/b/g/n/ac
BluetoothBluetooth v5.0
内蔵カメラHD 720p カメラ、ThinkShutter付
HD 720p カメラ+IRカメラ、ThinkShutter付
ポインティング・デバイスTrackPoint+ThinkPadクリックパッド
本体寸法 (幅×奥行き×高さ)約 323x217x14.95mm
質量(バッテリー・パック、を含む)約 1.09kg
バッテリー・パック4セル リチウムイオンバッテリー(固定式)
バッテリー駆動時間最大 約18.9時間
SIMサイズnanoSIM

2019年モデルのThinkPad X1 Carbonは、オンライン会議機能を大幅に強化しています。

ディスプレイ上部に搭載されている4つの360度全方位マイクは優れた感度をもち、4m先の音声もクリアに集音。スピーカーはキーボード面にツイーターを2つ、底面にウーファーを2つ配置しています。スピーカーシステムにはDolby Atomosを採用。

ディスプレイは14型、HDR 4K IPS液晶(3840×2160ドット)を選択可能で、選択した場合は天板がカーボン素材になります。

メモリは最大16GB、ストレージは最大2TBのSSDが選択できます。

後日販売予定ですが、ボタンひとつで簡単にディスプレイの視野角を狭めて、左右からの覗き見を防止する「ThinkPad Privacy Guard」搭載モデルが選択可能になります。

2018年モデルと異なる点として、4Kディスプレイが選択可能になったことや、IRカメラにもThinkShutterを搭載可能になったこと、「ThinkPad Privacy Guard」搭載モデルが選択可能になることなどがあげられます。

2018年モデルのバッテリー駆動時間は最大20.9時間でしたが、2019年モデルでは最大18.9時間。

重さは約1.13kgから約1.09kgと、若干軽量化。サイズも2018年モデルより厚みが1mmほど薄くなりました。

 

LTEに対応させるためには、カスタマイズ欄の「WWAN Selection」でWWAN対応を選ぶ必要があります。

ThinkPad X1 Carbon(2019)の購入はLenovo公式オンラインストアから!

ThinkPad X1 Carbon(2019)の詳細はこちら

  「Lenovoより「ThinkPad X1 Carbon」の第7世代、2019年モデルが発売」をSNSでシェア