ニュース

LenovoよりLTE対応の薄型軽量2in1PC「ThinkPad X390 Yoga」発売

投稿日:

LenovoよりLTE対応の薄型軽量2in1PC「ThinkPad X390 Yoga」が発売されます。

 

レノボ・ジャパン株式会社は2019年5月14日、LTEに対応した薄型軽量の2in1PC「ThinkPad X390 Yoga」の発売を発表しました。

レノボオンラインショップでは2019年5月17日より発売予定です。

スペックは以下の通り。

初期導入済OS Windows 10 Pro 64bit
プロセッサー 第8世代インテルCore プロセッサー
最大メモリー容量 最大16GB (PC4-19200 DDR4 SDRAM)
最大搭載メモリー数
(スロット数)
0(オンボード)
ストレージタイプ SSD/SSD +Intel Optane メモリ
光学ドライブタイプ なし
ビデオ・チップ CPU内蔵(インテル UHD グラフィックス 620)
ディスプレイ LEDバックライト付 13.3型
FHD IPS液晶 (1920x1080ドット、1,677万色以上、16:9)
マルチタッチ対応(10点)
インターフェース
(ポート)
HDMI x 1
マイクロホン/ヘッドフォン・コンボ・ジャック
イーサネット拡張コネクター2 x 1
ドッキングコネクター x 1 (USB Type C x 2&イーサネット拡張コネクター2と兼用)
インターフェース
(USBポート)
USB 3.1 Gen1 Type-C x1 (Video-out対応)
USB 3.1 Gen2 Type-C x1 (Thunderbolt3対応)
USB 3.1 Gen1 x 2(内、Powered USB x 1)
内蔵カメラ HD 720p カメラ 、ThinkShutter付
HD 720P+IR カメラ、ThinkShutter付き
本体寸法
(幅×奥行き×高さ)
約 310.4x219x15.95mm
質量
(バッテリー・パックを含む)
約 1.29kg~
バッテリー・パック 3セル リチウムイオンバッテリー (固定式)
バッテリー駆動時間 最大 約15.1時間

ThinkPad X390 Yogaは、13.3型FHDのディスプレイを採用し、360度のヒンジを搭載した2in1PC。

利用シーンに合わせて、ラップトップ、タブレット、スタンド、テントモードに切り替えができます。

内蔵型のActive Penが付属しており、4096段階の筆圧感知に対応。スケッチやメモ入力などにも対応しています。

前面カメラには、開閉式のカメラカバーThinkShutterを搭載し、IRカメラを搭載するとWIndows Helloによる顔認証にも対応可能。

約1.29kg、厚さは15.95mmと、薄型軽量のノートパソコンとなっています。バッテリー持ちは約15.1時間。

インターフェースはUSB 3.1 Gen1 Type-C x1 (Video-out対応)、USB 3.1 Gen2 Type-C x1 (Thunderbolt3対応)、USB 3.1 Gen1 x 2(内、Powered USB x 1)、HDMI×1、マイクロホン/ヘッドフォン・コンボ・ジャック、イーサネット拡張コネクター2 x 1。

USB Type C x 2&イーサネット拡張コネクター2と兼用のドッキングコネクターにより、別売りのドッキングステーションを接続することでDisplay Port、HDMI、USB、ギガビットイーサネット、マイクジャック、セキュリティーキーホールなどを生やすことができます。これにより有線LAN接続をしたり、モニタを接続したり、他モバイル機器に給電するなどが可能。

ThinkPad X380 Yogaの後継機種となっており、比較するとベゼル幅が約16%、厚さが約12%削減されています。重さも約100g軽量化。最大バッテリー時間も増量されています。

スペック的にはそう変わっていません。

 

ThinkPad X390 Yogaの購入はLenovo公式オンラインストアから!

ThinkPad X390 Yogaの購入はこちら

  「LenovoよりLTE対応の薄型軽量2in1PC「ThinkPad X390 Yoga」発売」をSNSでシェア

-ニュース

Copyright© SIMフリーPC.net , 2019 All Rights Reserved.