まとめ/比較

VAIO「S13/S11」4G LTE対応周波数・スペックまとめ

 発売時期 : 2017年09月

VAIOのノートパソコン「S11/S13」が対応している4G LTE周波数とスペックをまとめています。

 

VAIO S13/S11スペック

製品VAIO S13VAIO S11
OSWindows 10 Pro 64ビット
Windows 10 Home 64ビット
画面サイズ13.3型ワイド(16:9)
Full HD 1920×1080
11.6型ワイド(16:9)
Full HD 1920×1080
CPUCore i7-8550U(1.80GHz (最大 4.00GHz))
Core i5-8250U(1.60GHz (最大 3.40GHz))
Core i5-7200U (2.50GHz (最大 3.10GHz))
Core i3-7100U(2.40GHz)
Celeron 3865U(1.80GHz)
メモリ16 GB(16 GB (オンボード))
8 GB(8 GB (オンボード))
4 GB(4 GB (オンボード))
ストレージSSD 1TB×1 (PCI Express×4(32Gb/s))
SSD 512GB×1 (PCI Express×4(32Gb/s))
SSD 256GB×1 (PCI Express×4(32Gb/s))
SSD 256GB×1 (Serial ATA 6Gb/s)
SSD 128GB×1 (Serial ATA 6Gb/s)
グラフィックス機能HD Graphics 620
カメラCMOS センサー搭載HDウェブカメラ
92万画素
通信機能1000BASE-T
IEEE 802.11ac
Bluetooth 4.1
WWAN(LTE)
インターフェース1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T×1
SuperSpeed USB (USB 3.0) port 給電機能付き×1
SuperSpeed USB (USB 3.0) port×2
HDMI出力×1
ミニD-Sub 15ピン×1
ステレオミニ端子(ヘッドセット対応)×1
バッテリー駆動時間約11.7時間約15時間
サイズ
(幅×奥行き×厚み)
約320.4×216.6×15~17.9mm約283.4×195.5×15~17.9mm
重量約1.06kg約840g~870g

 

VAIO S13/S11は2017年モデルとして2017年9月に発売。

S13とS11はスペックがほぼ同じですが、違うところは画面サイズと重さ。13型のノートパソコンで約1kgというのは非常に軽く、持ち運びにはとても適しています。

CPUは最上位でCore i7-8550Uが選択可能。メモリは最大16GBを選択することができます。

第8世代Coreプロセッサーを搭載したモデルにおいては、VAIO独自のチューニング技術「VAIO TruePerformance」が適用されます。「VAIO TruePerformance」は電源強化や放熱能力を向上させ、適用前の状態よりも高いCPUとグラフィックパフォーマンスを発揮することができます。

「VAIO TruePerformance」適用後のCore i5が、通常の第8世代Core i7よりも高い性能を発揮することが可能。

S13のバッテリー駆動時間は約11.7時間、S11は約15時間と、S11は比較的長くバッテリーがもちます。S13は少し短いかもしれません。

インターフェースは1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T×1、SuperSpeed USB (USB 3.0) port 給電機能付き×1、SuperSpeed USB (USB 3.0) port×2、HDMI出力×1、ミニD-Sub 15ピン×1、ステレオミニ端子(ヘッドセット対応)×1。

SIMはWindows10のデータプランに対応しており、契約することなくWindowsのストアアプリからプリペイドのように容量をチャージすることができます。1GB無料が特典としてついています。通信事業者はIIJ。

VAIO S13の詳細はこちら

VAIO S13

ボタンをクリックするとソニーストアへと移動します

VAIO S11の詳細はこちら

VAIO S11

ボタンをクリックするとソニーストアへと移動します

実機写真

実機を撮影する機会があったので掲載。VAIO S11になります。 左側にUSB×2、ヘッドホンジャック。

右側にミニD-sub 15ピン×1、LAN端子×1、HDMI×1、USB×1。

4G LTE対応周波数

 LTE BanddocomoausoftbankVAIO S13/S11
1
3
8
18
19
21
26
28
41

基本的に、docomo系SIMを挿して利用したい場合はBand 1/3/19/21、au系SIMはBand 1/18、softbank系SIMはBand 1/3/8に対応していれば、よほどの田舎でない限り使用中に圏外になることはないと思います。

VAIO S13/S11はほとんどのLTEバンドに対応しているので、どのSIMを使っても大体の場所で快適なネット環境を得られるかと思います。

搭載できるSIMカード

対応SIMカードは「microSIM」です。標準SIMやnanoSIMは利用できません。

VAIO S13/S11を購入する

VAIO S13/S11の購入はソニーストアから!

VAIO S13の詳細はこちら

VAIO S13

ボタンをクリックするとソニーストアへと移動します

VAIO S11の詳細はこちら

VAIO S11

ボタンをクリックするとソニーストアへと移動します

【11月4日まで】格安SIMはIIjmioがお得!12GBプランが半年間1280円割引、初期費用1円

大容量オプション月額料金
20GB3100円
30GB5000円
50GB(20GB+30GB)8100円
データ通信専用SIM
月額料金
大容量オプション
+20GB
大容量オプション
+30GB
組み合わせ
+50GB(20GB+30GB)
ミニマムスタートプラン
(3GB)
900円計23GB4000円計33GB5900円計53GB9000円
ライトスタートプラン
(6GB)
1520円計26GB4620円計36GB6520円計56GB9620円
ファミリーシェアプラン
(12GB)
2560円
→1280円
計32GB5660円
→4380円
計42GB7560円
→6280円
計62GB1万660円
→9380円

IIJmioのデータ通信専用SIMは、NTTドコモ回線のみ。

通常料金だと最大12GBですが、大容量オプションを追加、もしくは組み合わせることで20GB/30GB/50GBを増やすことができます。単体での利用はできません。必ず通常料金+オプション料金になります。

2020年11月4日までの期間中は、ファミリーシェアプランを契約した場合に限り、6ヶ月間1280円割引されるキャンペーンが実施中です!

また、初期費用3000円が1円になるキャンペーンも実施中です。

ファミリーシェアプランの割引キャンペーン、初期費用1円キャンペーンの詳細については以下の記事でまとめています。

IIJmio公式サイトはこちら

IIJmioの詳細はこちらから

ボタンを押すとIIJmioタイアップキャンペーンページへ移動します

  「VAIO「S13/S11」4G LTE対応周波数・スペックまとめ」をSNSでシェア

© 2020 SIMフリーPC.net